So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

OSK武生「OSKシンフォニー」 [観劇感想(OSK)]

OSK武生「OSKシンフォニー」
2017年10月13日(金) 越前市文化センター大ホール  


今年の武生は、60分1本モノのレビュー。
これがとってもとっても、お洒落でセンス良く、
難度の高いダンスをガンガン踊り、そのレベルで16人ぴったり揃い
超美声の歌声を堪能できました。文句なしだわ!

レビューショーの要素がきっちり入った定番で安定感もあり
トップコンビ、2番手コンビまで決まった安心感、
そして1年生までが出ずっぱりで歌ありという若さ爆裂。
スピーディで若さと新鮮さ、そして安定感とレベルの高さを
感じられるショーです。
真ん中のトップコンビ(楊琳&舞美りら)の華やかな美しさと
2番手コンビ(翼和希&千咲えみ)の若いのに高い技術力に感動。

続けてみても飽きない!どころかもっと見たくなる。
60分があっとう間に過ぎていく気分。目が足りないのよ全然。

これ、後半にももう一回見に行きたいわ。


201710武生.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「All for One」東京 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「All for One」東京
2017年10月5日(木)18:30 2階10列センター


大劇場の初日以来の観劇です。楽しさは変わらず面白かった!
作品の完成度が高くて、役者も遣り過ぎず作品世界を壊さない。
目が足りないくらい、舞台上でいろんな人が話を進めていくし、
アクションシーンのスピード感!あの大舞台を所狭しと動き回り
大勢があちこちで戦う躍動感。気分が高揚するわ〜
その大勢が騒ぐアクション場面としっとりしたコメディ場面と
この緩急も素晴らしい。さすがは小池演出という綿密な計算。
一本モノだけどダンスシーンもたくさんあり満足。
いつ見ても楽しい!置いけぼりも、あちゃーも無いからストレスなし。
月組大好き!という気分になる。
この作品、大好きだわ。宝塚、楽しい!好き!となる作品です。


201707月三銃士.jpg


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「キャプテン・ネモ」大阪初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「キャプテン・ネモ」大阪
2017年9月16日(土)15時 初日 シアタードラマシティ 5列センター



雪組の半分、彩風さん主演の方を見に行きました。
東京で見た友人から「・・・・咲ちゃんは悪くないの!」と
いう感想が来ていたので、ああ谷先生に奇跡は起こらなかったか~と
覚悟を決めて見に行きました。

覚悟を決めていても、かなり厳しかった。。。谷せんせ・・・。
彩風さん、朝美さん、永久輝さん、久城さん、縣さんと
私の好みのタイプが勢ぞろいしているにもかかわらず、あれ?
あんだけメンバー揃えて、これですか?
と谷せんせーに対して怒りを通り越した脱力感しかない。

一言で言って、「古い」。すべてが古い。
テーマもストーリーも、演出も、台詞回しも、舞台装置も。
まるで昭和50年代。
あの若々しいメンバーに対して、この演技指導は。
先々月、星組「阿弖流為」を見た同じ劇場とは思えない空間の使い方。
スピード感が全然違う。人の使い方、場面転換や装置の使い方。

フィナーレがついていてよかった。本当に良かった。

201709雪ネモ.jpg

ネタばれあります。そして「良い作品だったわ~」という方はお読みにならないようご注意。



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

東宝「レ・ミゼラブル」 2017大阪 [観劇感想(その他)]

東宝「レ・ミゼラブル」
2017年9月19日(日)12時 フェスティバルホール 1階24列センター


久しぶりの「レ・ミゼラブル」。
新演出になってから初めてです。何が変わったという噂も聞かないので
そんなに変わらないと思って見に行きました。

やっぱりあまり変わってない。歌詞も曲も同じ。衣装もほぼ。
演劇専用劇場以外でも上演できる演出に変わったみたい。
盆もせりもない劇場でできる演出。映像を活用。2幕が特に変わった印象。
でも演出がすこーし変わった程度で、全体は変わらず「素晴らしい!!」
やはり感動しますね。私はいつも最初の司教様の場面で来る。
バルジャンとジャベールの対決も、ドキドキする。
アンジョルラスのカフェで学生気分で高揚、そのまま1幕ラスト。
そして2幕のマリウスのソロで来る。バルジャンの最期の場面も。

今回はファンテーヌの和音さん以外は知らないキャストでしたが、
やっぱりオーデションというだけあって、皆さん上手い!

久々に見ても大感動。色褪せない名作です。

201709レミゼ.jpg


ネタばれあります。一応ね。




続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「琥珀色の雨にぬれて/D”ramatic S!」梅田 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「琥珀色の雨に濡れて/ D”ramatic S!」
2017年8月27日(日)12時 梅田芸術劇場 


望海さんのお披露目公演に行ってきました。
望海さんの歌声は良く響くし、聞いていたくなる良い声!
とても良かった。さすが!初々しい純真な青年ではないけど、
真面目一筋で生きていた良いところの紳士という感じが出てました。
真彩さんも初めてしっかり声を聴いたような気がしますが、
お芝居の声がとても素敵でした。
これからが期待できる雪組の船出やわ~と私は思いました。
船出のわりには素晴らしい安定感でしたし。。

ショーの方は結構変えてあったのかな?退団カラーは全くなく
新生という雰囲気に満ちてました。中村B先生もさすがです。
どちらも楽しめました。


201708雪琥珀.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚宙組「神々の土地/クラシカル・ビジュー」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚宙組「神々の土地/クラシカル・ビジュー」初日
2017年8月18日(金)15時 1階28列上手


良かった!!!!凄く深い心理劇だった。往年の柴田作品の雰囲気が漂う。
お互いに愛し合っているのに、自分の力ではどうにもならない歴史の奔流に流され
思いを告げる事さえできない・・自分の立場を知り、自分の役割を果たしていく・・
心の奥底の想いを通じ合せているのに、黙ったまま。
そんな感じ。私の大好きなパターンです!これぞ宝塚の王道!と私は大絶賛。
好みもあると思いますが、私には超好み。さすが上田久美子先生だ。

ショーの方は、華やかでキラキラで、ギラギラで。見たことある衣装がいっぱい(笑)
娘役トップ不在なので男役デュエットダンスとか男役リフトとか、
ナニコレ初めて見たわ!?という変則。
お芝居のほうはきちんとヒロインがいたので、
娘役トップ不在という変則なんてかけらも感じなかったのに。
とはいうものの、怜美うららさんと星風まどかちゃんのW娘役トップ状態で、
男役祭りというわけでもなかった。
あと、個人的になんとなく懐かしく感じる場面があり、あとで調べてわかった(笑)

私にとってはこの作品は大当たり!!!帰りに窓口でチケット買ってしまった。


201708宙神々の土地.jpg


ネタばれあります。まだ初日一回しか見てないのに、長いです。

続きを読む


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

OSKレビューカフェ「Sparkling Star」 [観劇感想(OSK)]

OSKレビューカフェ「Sparkling Star」
2017年8月10日(木)セント・ラファエロ教会 16:30 


8月のカフェ公演。お盆前は忙しいうえ、昼間は暑くて溶けてる・・・
結局1つだけ見ることができました。愛瀬さん主演を見たのですが、
「愛瀬カフェといえばミュージカル?」と刷り込まれてしまいました。
知ってる曲が多くて良いのですけど。



201708愛瀬カフェ.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

劇団四季「ノートルダムの鐘」京都 [観劇感想(その他)]

劇団四季「ノートルダムの鐘」京都
2017年8月8日(火)京都劇場 1階J列上手

あまり得意ではない劇団四季です。が!
東京で見た友人から「見るべし!」と言われ見に行きました・・大正解!ありがとう!!
劇団四季で初めて感動したというか(大失礼ごめんなさい)素晴らしかった。
これは行って良かった。宝塚ファンでも衣装や美貌が気にならず感動できる
(重ねての失礼ごめんなさい) 
四季ファンから見たら「何言ってんの?」とお怒りを買いそうですが、
でも四季を見てこんなに感動したの初めてなんです。
「見るべし」とと言ってくれた友人に感謝。さすがわが友、私の好みを知ってる(笑)


ストーリー、いえ演出、役の解釈が良い。脚本が深い。
たった5名の役付きの方のお芝居、行間が見える素晴らしさ。
役が入った台詞回し(四季では大変珍しく感じる)、
相応の臨場感のある衣装、豪華な装置が大変効果的。

ということで、大絶賛です。





続きを読む


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

宝塚星組「オーム・シャンティ・オーム」梅芸 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組「オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻」梅芸
2017年7月23日(日)16時30分 梅田芸術劇場1階18列通路横


観劇週間の最後は星組梅田のインドモノ。
友人に誘われて行ってきました。

原作のインド映画を見ていないのですが、あらすじを読む限り、結構忠実に再現しているのでしょうか?このトンデモ展開。あまりのぶっ飛びぶりに、「原作がこんな筋なんだ、そうに違いない」と思ったのでした。小柳先生は脚色アレンジが上手いと思って期待してたんですが、マサラムービーの偉大さの前に、何をどうアレンジしたのかわかりませんでした。

1部はなかなか話が進まずちょっと冗長でしたが、2部はテンポよく進み、あっという間。
2部の怒涛の展開に、「え?ええ?そうなの?それでいいの?」と心の中で突っ込みました。
でも最後は、客席までみんなで踊って(これは小柳作品らしい)「ま、いいや~楽しかったし♪」と帰ることができたので、結果オーライです。

出演者でいうと、あまり好みの方が居なくて(すみません。星組はあんまり見てないので、ほんっと上級生しかわからない)、七海さんがかっこよくなって~とか綺咲さんは可愛いね~とか見た後は、後ろで踊ってる若い男役さんを物色していました。背が高くてイケメン君が居たので、探してみたり。後ろの方にいたから若いそうね~♪とか楽しんでました。


201707星オーム.jpg


原作付きの再演ですが、ものすごくネタバレしてます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星DC「阿弖流為」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星DC「阿弖流為」
2017年7月18日(火) 13時30分 梅田ドラマシティ 13列下手


原作の高橋克彦氏は大好きな作家、ほぼすべての作品を読んでいる。
この阿弖流為の原作も当然読んだ。彼の書く東北を舞台にした作品は熱い。
それが宝塚に?!そして礼真琴さん主演!?ということで、絶対に見たかった。
もう無理無理で見に行きましたが、これも大正解。ああ、行ってよかった!!

大野先生は原作の世界を損なうことなく舞台化してくれていた。
そして礼真琴さんは、「これこそ阿弖流為!」という男を演じてくれた。
イメージ通り。こんなにイメージ通りなんて、嬉しすぎる。違和感がない。
上手い上手いと聞いていたけど、星組はあまり見ないので実感していなかった。
ほんとに上手いです、美しいです。カッコいいです。
往年の柚希礼音さんにも似て、数年前の悠浦あやとさんにも似ていて、
大変素敵な男役さんでした。
これから星も見なくては!と思いました。

201707星阿弖流為.jpg

続きを読む


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -