So-net無料ブログ作成
検索選択

OSK Revue Café千秋楽(楊・真麻・華月) [観劇感想(OSK)]

OSK Revue Café 千秋楽
2017年2月18日(土) 11時 13時半 16時

1~2月シリーズのOSKレビューカフェ、まとめて千秋楽に行ってきました。

11時 ●INSPIRE● 楊 琳・舞美りら・遥花ここ・朔矢しゅう・柚咲ふう
13時半 ●HAPPINESS● 真麻里都・恋羽みう・由萌ななほ・りつき杏都・椿りょう
16時 ●Hopeful● 華月 奏・麗羅リコ・栞 さな・穂香めぐみ・登堂結斗

楊さんチームは初日も見たし、その後も数回見ていますが、後の2つは今日が初回。
初回にして千秋楽。堪能ポイントが把握できていたのは、楊さんチームだけ。
だからここでは大変盛り上がれた。要領が分かってるし、最後の曲でバンダナを
一緒に振り回す。それが大変楽しい!全体にノリノリで元気がもらえる!っていう
内容構成になってる(学園祭のようなノリ)なので、うきうき楽しかった。

次の真麻さんチームは、真麻さんらしく黒い衣装が似合うダンスから。
恋羽さんが歌いまくっていた印象。やっぱり美声!椿さんが目立つ(好みだし)
真麻さんチームは衣装がとても印象に残った。真麻さんに似合うというか、
デザインや色彩のセンスが私の好み。一番歌劇っぽいのかしら。

最後の華月さんチームは、「ミス・サイゴン」をダイジェストで。後はそれぞれが
歌う感じの構成でしたが、歌は華月さんが圧倒で他が少々弱く感じたかな。
ヒップホップのダンスが印象的。登堂さんに目が行くわ。

もう纏めちゃってスミマセンが、順番に。


INSPIRE
<構成・声楽> 彩城レア <振付> 中野栄里子 <音楽> 小渕世子
懐かしの公演を皆様と共に振り返る「INSPIRE(インスパイア)」。
楽しい思い出とともに、やさしく、時には激しく躍動するステージをお届けします。
湧き出すエネルギー「INSPIRE」を、お楽しみください。
INSPIRE=人を元気づける・奮い立たせる・激励する
【出演者】楊 琳・舞美りら・遥花ここ・朔矢しゅう・柚咲ふう

20170218yan.jpg


何回か見たのに、最後の千秋楽後に、劇団HPをみたら、上記のような文章が。
「人を元気づける」って意味だったのか。INSPIREというとHITACHIしか
思い浮かばなくて、なんとなくシャープな印象で見てしまってました・・・。
(それはSHARPのCMやん!、とセルフ突込みだ)
私の印象は説明文通り。初日に「学園祭な衣装」と感想書きましたが、内容も
学園祭をみんなで乗り切って盛り上がって、後夜祭まで全力出して最高の気分。
という気持ちになりました。最後の曲でバンダナを振り回すのが楽しくて
ノリノリ。舞台と客席の一体感ったら、凄いものです。今日初見のお客さんが
居たら、最初は戸惑ったかも?というくらい。このチームは楊さんのイメージ
通り、元気いっぱい気配りいっぱいでした。
これに加え、舞美さんの天然な前向きの明るさ、遥花さんの落ち着いた頼もしさ、
朔矢さんの頼もしい可愛らしさ、柚咲さんの力強い可愛らしさ。で構成され
パステルカラーや白の衣装で、大変前向な元気をもらえる舞台となってました。

途中でいえば、私は撮影OKタイムの「喧嘩上等」の曲と衣装が大好きで。
ついつい撮影してしまいました。その後の美女3人の曲も取りたかった。
舞美さんもレビューカフェ主演できるよ~と思うくらい真ん中で存在感を示してて。
この場面、3人ともそれぞれに超がつくほど似合う衣装で、それでいて統一感が
あって大好きです。舞美さんのスタイルとダンスに見ほれること多し。
あとは楊さんと朔矢さんの扇を使った東洋的なダンス。このダンスも好き。
楊さんの振付らしいのですが、楊さん主演で中華モノが見たくなるなる。
探偵X」や「魔術師クロード」そして「ロミオとジュリエット」と懐かしく。
(初日に見たときは「ロミオ~」はついこの間という気分で全然懐かしくなかったが、
2月になると、「鬼ノ城」を見たからか、とても懐かしいと感じた。→勝手だ)
ということで、朝から元気いっぱいをもらって、全力でやり終えた
学園祭が終わったような気分。3チームで一番一体感というか客席参加感が高かった。

千秋楽なのでアンコールがあり、一人ずつ感想を述べてもらった。
柚咲さんは、初カフェということで大変だったけど楽しくて楽しくて・・と本当に
学園祭が終わったあとの実行委員(1年生)のように泣き出してしまった。
途中で涙がぽろぽろ出て話ができなくなり、「可愛い~♪」と会場から声が上がる。
「可愛いってだけで赦されるのは今だけだよ」という楊 生徒会長の励ましに、
頑張って続きを話し、最後までちゃんと言えた。その厳しさが優しいぞ♪♪
あと、柚咲さんが楊さんに向けて話そうとすると「お客様にね」と言って促す。
さすが楊さん。優しい先輩してらっしゃる姿を見られて、なんか嬉しい客席。
その良い話の横で「2~3年は大丈夫だから!」と斜めから励ましの言葉を
かける遥花先輩。猶予期間である3年の間にきっちり受け答えできるように
ならないといけないのか(笑)。
このやり取りの間、反対側に立ち次の順番を待つ朔矢くんは、
「そうか!3年は【カワイイ】が使えるのか!」と思ったかどうかわからないが、
柚咲さんと同じような出だしで話し始めた。すかさず「おんなじじゃん!」と
楊 生徒会長からダメ出しが入る。・・・男役は適用外なのか!?と気づく朔弥君。
一生懸命、考えながらしゃべってました(笑) まだ声が可愛いんだけど。
そして遥花先輩は、ご自身がおっしゃったように猶予期間を終えて、しっかりした
女役さんとしてきちんとご挨拶をされました。続く舞美副会長もまた、ベテラン!と
いうきっちりしたご挨拶。「・・こういうときは、ちゃんとしゃべるんだ」と
楊会長から不思議そうな感心したようなコメントがありました(笑)
そんなこと言われたら、普段はどんなんだ?!と思いますよね。
普段は(お茶会等で見る限り、ですが)、割と不思議ちゃんなお話しが多いよね~
と私は思っていたので、楊会長のつっこみが理解できました。

思い出した。11日だったか、最後に舞美さんが「明日もお待ちしてまーす♪」と
言って手を振った。楊さん慌てて「明日は私たちの公演はありません!」と。
舞美さん「あ!そうで~す~明日はないで~す♪」とにこやかに去っていきました。
楊さん、最後まで客席に向けて、きっちりフォロー。(客席は爆笑だ)
いつも思いますが、楊さんは人の話をものすごくよく聞いてらっしゃいますね。
(そして適切なつっこみとフォローをする。素晴らしい気配りの方だと思います)
最後にもう一度バンダナ振り回して終わりました。最後まで楽しかった!
泣きながらもしっかり話そうとする柚咲さんが可愛くて、今回覚えました。




HAPPINESS
<構成・振付> 中野栄里子 <歌唱指導> 彩城レア <音楽> 小渕世子
劇団屈指のダンサーでもあり、演技力にも優れた男役スター真麻里都が、指先まで神経の行き届いたキレの良いダンスで表現するのは「愛・生命(いのち)・華・パッション」。
主演を務めた「CRYSTAL PASSION 2016 ~情熱の結晶~」の楽曲も一部披露します。
HAPPINESS(幸福・満足・喜び)をあなたに届けます。
【出演者】真麻里都・恋羽みう・由萌ななほ・りつき杏都・椿りょう

20170218maasa.jpg


真麻さんは衣装のセンスが良いのか、黒い衣装がお好きなのか、似合います。
黒にキラキラで結構好み。そして踊る。歌う。今回結構 真麻さんが歌っていたと
思うのですが、印象に残っているのは恋羽さんの歌。やはり良い声で響く。
娘役で唯一レビューカフェ主演されただけあって、さすがというか、
ツートップというか、トップコンビというか、大変存在感のある相手役。
登場の仕方が違うの。真麻さんカフェは前回見たときも、虹架さん恋羽さんがいて
「圧倒的真ん中」という感じではなかったけど、今回も同じように感じた。
常に真麻さんがドーンって出てくるのではなく、さらさらっと真麻さんが踊ったあと
恋羽さんがバーンと出てきて歌うとか。真麻さんがバーンと踊り、恋羽さんが
さらさらっと寄り添って踊るとか。そんな感じ。真麻さんって、流れるように
動いたりされるので、そう見えるのか? さすが恋羽さんというべきなのか?
あとは個人的に好みの椿さん(の声)。やっぱり最下級生なのに、声が男役してる。
OSKでは男役でも可愛らしい声をしている方が結構多い。りつきさんも大層
可愛い声をしているし、朔矢さんも声だけ聴いてたら娘役!?と思う声だ。
でも椿さんは違う。声がいい。(先日、天輝さんも良い声だと思ったけど、椿さんも!)
背も高く堂々とした態度とこの声。私の期待値が高い方。
今回も下級生なので、ソロはワンフレーズがせいぜいだったけど、一曲聞きたいくらい。
由萌さんはしっかりした女役さんに見え(凛々しい)、りつきさんは可愛い男役さんだ。
りつきさんの声が、全員の中で一番可愛らしいわ~(トーク時)。

フリートークが冒頭だったので、話の内容がよくわからないまま始まってしまったが、
「癒される時間」というテーマで、椿さんが「玄関入って猫が迎えてくれる時間」
と主張。私も全く同感。真麻さんは「猫なのに犬みたい」とコメントされてたが
うちの猫も、玄関に迎えに来るのよ。室内飼いの猫って懐いて可愛いのよ!!と
猫飼いの私は椿さんのトーク(猫自慢が多い)は共感度が高いのでいつも楽しみだ。
その後の方から、テーマが微妙に変わり、このショーの癒される場面?のような感じ
なってしまったので、ちと残念。まだ見てないからわからなかった・・・。

アンコールはもう一度全員でのごあいさつで終わり。



Hopeful
Hopeful=希望に満ちた・望みを抱いて
悲劇、苦悩、絶望…どんな事があろうとも、我々は一筋の光を見つけるだろう
全ての物事の先に、希望に満ち溢れた世界がある事を信じて…
安定の実力を誇る華月奏を中心に、メンバー全員の新たな魅力と「希望」をお届けします
明日への扉はここにある
<構成・音楽・歌唱指導> 小渕世子 <振付> ACCHY
【出演者】華月 奏・麗羅リコ・栞 さな・穂香めぐみ・登堂結斗

20170218hanaduki.jpg
(5人の写真が撮れず・・)

開演からいきなり「ミスサイゴン」の世界。華月さんはエンジニア役。
麗羅さんがキム、栞さんがクリス、登堂さんがジョン・・かな?
かな~りダイジェストだけど、しっかり「ミスサイゴン」のベトナムの世界が
展開していた。途中に上手く抽選会を入れ込んであって、あまりのさりげない
抽選に驚いた!芝居の中に自然に入れ込んで、みんな役のまま。見事でしたわ。
(何度行っても当たらないけどさ。あの賞品、いい加減売って下さいな。)
有名なナンバーは結構きちんと入ってて、あの娼婦が誘う場面もちゃんと
お色気が(すごい!)感じられ、2幕冒頭の「ブイドイ」まで・・だったけど
ストーリー自体が大変暗いから、最後まで行かなくていいや~って思った。
華月さんはとても良かったと思いますが、エンジニアのアクの強さはチャレンジ
でしたね。「芝居が苦手」とお話しされてましたが、ぜひ重要な役どころを
経験して、引き出しを広げてほしい方。「プリメール」の初演と再演の違いには
驚きましたから!演じこめばすごく良い芝居をされると思うので。。、
麗羅さんはダンスは大変に素晴らしい!が、歌に苦手意識をお持ちかしら?
今回キムの歌を歌ってらしたけど、ちょっと難しかったのかな~と感じました。
それは栞さんも。お二人ともダンスになるとイキイキしてるのに、歌になると
とたんに弱く見える。キムとクリス、どちらも頑張れって思いました。
(まあ感情的にはあってるけどね)
ジョンの歌う「ブイドイ」は登堂さんから華月さんメインで全員で、でした。
登堂さんにはジョンのイメージはあるのでぜひこの曲を歌いあげられるように
なってほしいです。
あと登堂さんは、ブレス音がマイクに入ることが多くて、私は気になった。
容姿は抜群で品があって、お芝居も良い方なので、歌も鍛えてほしい。
とっても期待してる方なんです~
という感じで、暗めの海外ミュージカルは、芝居と歌がみっちりなので、
ハードル上げたね~と思いました。チャレンジは大事なので頑張ってほしい。
やっぱり歌よ歌。華月さん以外の方の歌。
ミュージカルの名曲だからみんな知ってるもの。普段よりハードル高いの。
と厳しいことを書きました。
(私には岡幸二郎さんの歌で頭に入ってる曲で好きなの!で厳しくなった。ごめん)

後半はダンスメインのショータイム。素敵。このチーム、ダンスになると
イキイキ躍動する方が2名いて、雰囲気を引っ張ってたような(笑)
栞さんもトークで語ってたけど「ヒップホップのダンス」が、ものすごく
カッコよかった。麗羅さんもすごい。このお二人はダンスの人なのね~
このチーム(と真麻さんチーム)は、CDよりDVDじゃなきゃ魅力半減では?
と思ったほどです。
穂香さんの歌を聴いたのは初めてだったのですが、結構よい声ではないですか。
もっと歌わせてあげてほしいなと思う。お顔も可愛らしい方ですし。
(でも声は女役が行ける声ですね)
娘役二人で歌うところは、かなり穂香さんの声が響いてた。

アンコールは全員で挨拶のみ。


完売御礼
3チームとも完売御礼のサイン入り千社札つきカードを頂きました。
柚咲さん、由萌さん、華月さんのをゲット♪♪♪


ということで、1日3公演見ました。見てるだけなのに、やっぱり疲れる~
しかも千秋楽、2つは初見。脳みそが後に行くほど働かなくなっていく・・・。
やっぱり年齢が(泣)。だから華月さんチームにごめんなさいです。
あんまり覚えてなくて書けなかった。やっぱり1日一公演が良いようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0