So-net無料ブログ作成
検索選択

OSKレビューカフェ「イロトリドリ/New York, New York」 [観劇感想(OSK)]

OSKレビューカフェ「イロトリドリ/New York, New York」
2017年6月1日(木) 14時、16時半


レビューカフェ、2つまとめてみてきました。
会場がセントラファエロ教会に戻って嬉しい!
やっぱり建物が広くて綺麗、ゴージャスで天井が高いのが良いですね。

翼チームはJ-POP。ノリノリながらも翼さんを筆頭に素晴らし美声!
重唱も素晴らしくて、ずっと歌っていた印象です。これはCD欲しい。
「翼さんにハズレなし!」の心象をさらに強めることとなりました。

華月チームは懐かしの映画音楽。
華月さん城月さんという素晴らしい歌い手が歌い倒す。
城月さんの美声には酔いしれる。どんな歌でも素晴らしく歌いこなす。
華月さんは今回歌がとっても華月さんの持ち味と合っていて、初めて
CD欲しいわ・・・と思いました(すみません)

この2チームは、どちらもかなり気に入りました。
やっぱりカフェは歌える方がメインなのが一番好きかも。

【公演名】OSK Revue Café「イロトリドリ」
<出演者>翼和希・穂香めぐみ・壱弥ゆう・かなめ樹里・雅晴日
<構成・演出・歌唱指導>彩城レア
<音楽制作>浅野五朗

201706RC翼.jpg


イロトリドリな衣装でした。衣装替えはあまり多くなかったかな(両チームとも)。
このチーム、さんはいまOSKで屈指の、私的には一番好きな歌を歌う人。
どんな曲でも自分のものにして、他人まで引っ張り上げて、見事に仕上げてくる。
だから私の中では「翼さんにハズレなし」という心象を持っていた。今回も。
期待していた通りの歌を聴かせていただきました。
翼さんだけでも満足度が高いのに、壱弥さんが居る。壱弥さんも上手いのよね~
OSKでも屈指だと私は思ってる。可愛い顔してこの安定感。芝居も上手いし
期待大の若手さんだ。
そして今回初めてじっくり聞いたさん。上手いではないですか!!
この学年は椿さんしか目に入って(耳にか?)なかったけど、雅さんもいい声して
いることを知った。背も高いし、これは良いことを知った。これから注目だ。
男役3人で歌うところなんて、絶品!絶品。ただでさえ翼さんが上手いのに、
他の二人も上手いから、相乗効果が素晴らしかった。
翼さんと壱弥さんは、見た目も合いますね。

娘役は・・・穂香さんは声が綺麗。まだ高音が揺れるところがあったけど
これから歌いこんでいけば、歌える娘役になると思う。美人だし期待大。
最後になってしまったけど、かなめさん。正直歌はあまり得意ではなさそう。
このチームでは一番弱かった。けれど、今回はその弱さが目立たない。
翼さんたちが、完璧にフォローしバックアップし、かなめさんの歌の良いところだけが
聞けるような構成になっていた(と思う)。誰が作ったのかわからないけど、
(翼さん以外の)みんなが自分の得意な音域を担当するようになっていて(たぶん)、
みんなで歌うんだけど、個人個人のソロが美しく響いていて、とても良かった。
歌が苦手目な方が一人で一曲歌うよりずっと良い。(客としてハラハラせずにすむ)。
(OSKに限らないけど、レッスンはお稽古場でしてほしいもの。客としては
舞台に載せるのは良いところ/よくできたところにして欲しいの。私わがままなんで)

曲はJ-POPということで、私は知らない曲ばかりであった・・・。
でもそれでも楽しめたから凄いよね。

かなめさん、退団の場面が用意されていた。ラスト近く。
翼さんたち4人が素晴らしい美声で重唱している。舞台の真ん中が空いている。
そこへ、かなめさんが美しく躍り出て、豪華な四重唱をバックに一人で踊る。
素晴らしい演出だった。これはかなめさんの場面だ。特に思い入れが無くても(失礼)
胸に迫るものがある。また穂香さんがお別れの良い味を出しているし。
このメンバー、暖かな雰囲気も漂い、とても素敵なステージでした。

さんはもう堂々たるセンターですね。宝石3兄弟の次世代スターチームに
入れて間違いなし。押し出しも落ち着きもリーダーシップもあり(あるように見え)
歌は素晴らしく、このところスタイルもよくなり(バランスが取れてきたので
背の高さも気にならない!)、お化粧と髪型が格段に美しくなったと思う。
そろそろアート館くらいで主演して欲しい方です。

そうそうトークは、「どんな曲を聴く?」であり、覚えているのは
雅さんが、合唱曲や童謡(みんなのうた系?)、穂香さんが洋楽。
翼さんはなんでもあり。かなめさんか壱弥さんのどちらかが昭和歌謡、
であった。昭和歌謡とは中森明菜を指し、舟木一夫ではなかったことが衝撃。
→思い出した。かなめさんはロック!ということは壱矢さんが昭和歌謡だ。

【公演名】OSK Revue Café「New York, New York」
<出演者>華月奏・城月れい・麗羅リコ・栞さな
<構成・演出・歌唱指導>天羽珠紀
<音楽制作>小渕世子

201706RC華月.jpg


華月さんチーム。冒頭は華月さんが一人シルクハットで歌うNY,NYから。
一曲一人で歌いきりました。それが素晴らしい!この曲、似合いますね♪
このチームは、1950~70年代の映画音楽。私の知ってる曲ばかり。
(今日の2チームは極端だ。私の知ってる曲と知らない曲が)
とにかく、華月さんと城月さんが歌いまくり。この二人は美声ですね。
城月さんはどんな曲でも歌いこなす素晴らしい歌手なのは知っていたけど、
華月さんは似合う歌似合わない歌があると思う。今回みたい似合う歌だと
素晴らしい歌を聴かせてくれる。声と雰囲気が合うの。
華月さん主演は3回目だっけ。若者系やらミュージカル系やら見たが、
「今回が一番いい!華月さんに合ってる」と思った。選曲も良いしCD欲しいわ。

と、華月さんをほめたたえた後でナンですが。
このチーム、主演が二人に見える。というか城月さんが真ん中に見える場面が多々。
城月さんはもともと寄り添い方の娘役ではなく、牧名さん系の陰のある
かっこいい女ができる大人の女役系娘役。きりりとした美貌で背も高い。
そしてなにより、素晴らしい美声で歌いまくる。自己主張する歌を。
撮影タイムの「バーレスク」なんて、主旋律。アギレラだから歌えると言われた歌を
その歌姫のごとく、アカペラから高音低音自由自在。
(撮影した動画みたら、城月さんをメインで追っかけていた・・・。目が行くのだな)
その他の場面でも主旋律を歌うことが多く(4人そろっててもよ)一人声が響き
素晴らしく真ん中に見えたのであった。
別に華月さんが弱いのではなく、城月さんを抑えて「相手役」においておけるのは
桐生さんか悠浦さんくらいの歌唱力&背の高さが必要なのではないだろうか・・
なんて思ったのでした。
城月さん主演で、壱弥さん雅さん、椿さん、湊さんあたりでカフェして欲しい。
歌が上手くて将来性ある若い男役を侍らす城月さんが見てみたいわ~と思った。
ああ天輝さんを入れてもいいな。夜の雰囲気だ(笑)
城月さんの「エビータ」ソロから「アルゼンチンよ泣かないで」(だっけ?)への
情感は素晴らしいものがあった。曲調も情感も、自由自在。

このチームはなぜか4人なので、あと二人。栞さなさんと麗羅リコさん。
このお二人は、歌があまり得意ではない・・・と思っていたがその通り(笑)
ダンス場面と歌場面との落差。表情にそんなに差を付けちゃあ・・と思うほど。
だが二人とも、本人比では歌が格段に上手くなっている!と思った。

さんは城月さんのマリアを相手に、トニーとして「トゥナイト」という難曲を歌った。
この歌はマリアのパートが難しいとはいえ、トニーだってそこそこ難しい。
マリアがかなりリードしていたとはいえ、ちゃんとトニーとマリアに見えたわ。
過去いろいろ(中にはかなり悲惨な)「トゥナイト」を聞いてきたが、これなら良いわ!
というレベルだったと思う。(OSKでは翼トニーと千咲マリアがあったよね)

麗羅さんは、翼さんが歌う後ろで大変美しく踊っていた印象。栞さんもだけど
踊りだすとイキイキするというか、動きが全然違うよね。ほんと綺麗だ。
麗羅さんはソロが「リリーマルレーン」だった。音は外れてなかったと思う。
だけど麗羅さん、情感が・・こんなにサバサバしたリリーマルレーンって・・。
他の曲も、麗羅さんの歌は音は外れてない。でも情感が足りないように感じたの。
どの曲も同じ。全部、麗羅さんの持ち味のまま、曲の持つ表情が見えなくて。
同じステージにいる城月さんは曲ごとに漂う情感が適切で凄いから
余計に目立ってしまったのかもしれないけど。
ダンスなら凄く情感が出る方なのに、不思議なもんですね。

4人のステージで。男役2名&娘役2名。歌手2名&ダンサー2名。
男役2名は、「優しい男役」、二人とも小柄で柔らかな雰囲気を持ってる。
どちらかというと線が細くて暖かな持ち味の優しい雰囲気が漂う華月さん。
娘役に混ぜても遜色ないどころか一番可愛い、雰囲気から可愛い栞さん。
娘役2名は、「凛々しい娘役」。二人とも背が高くてきりりとした雰囲気。
自立する娘役NO1の歌姫、自立どころか男役を引っ張っていくような
頼もしい美女、城月さん。
麗羅さんも、自立する娘役では五指に入る。一人で踊れて魅せるダンサー。
すっごい組み合わせですね。その娘役二人がショートパンツに燕尾という
スタイルで出てきて歌い踊るから、また力強いわ。
色々とアンバランス!な舞台でしたが、不思議と「良かった~」って
感想で、突出したアンバランスの魅力というか、妙さに惹きつけられる。
こちらのチームも、華月さんと城月さんの歌が素晴らしすぎるので
ぜひぜひCDが欲しい。

こちらのトークも思い出したので(一晩寝て思い出すとはトホホな記憶力)。
「役作りに映画を見る?」って感じのお題。
栞さんは、「ロミオ&ジュリエット」のマーキューシオのとき、
「ワイルドな人が出てくる映画を参考にした」と。ロミオとジュリエット
そのものではなく、ワイルドな映画なのね(笑)
麗羅さんは「今回はバーレスクを見ました♪」と。あれいいよね!
華月さんは、「バーやクラブの支配人の役が続いたので、やったこと
ないから(当然だ)そういう人が出てくる映画を参考に。。」と。
城月さんは「映画はみない」、三次元の映像は参考にしないのだそうな。
華月さんが「本読んでるよね!」と証言。どうやら城月さんは映像だと
そのまま入ってきて影響されすぎてしまうから、2次元の本から想像して
役を創るのだそう。わかるわ~文字の方が想像が広がるからね~。
もちろん映像を参考に役を創るのも大事だと思うけど、文字の方が
創造度が高い(と思う)。自分で好きなように作れるので、私も文字好き。
・・・というお話で、城月さんはトークはあまり得意ではなさそうで
ツンと物静かな感じで近寄りがたい雰囲気の美女ですが、
同期の華月さんの柔らかなフォローのおかげで、実は「大変なシャイ」な方
なのでは!?と思いました。
「ツンデレ美女」に萌える方の気持ちが分かりました(笑


この2チーム、たった3日間ですが、どちらも私は気に入りました。
もっと上演があれば、もっと見に行ったに違いないです。
回数少なすぎ(カフェも10回もあったり4回だったり、差が激しいね)

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 6

hanihani

こんにちは、えりあさん

最近届いたSAKURA通信に同封された二人のカフェに興味があったので、感想を書いてくださってうれしいです。

翼さんは先日の公演でみて、小柄だけどなんてインパクトあるんだーー素敵!となりました。まるちゃんのスクール出身の方なので
前から話は聞いていましたがちゃんと声を聴いたのは先日が初だったので、興味があったの。化粧も髪型もあか抜けていて素敵です。
何より歌声に色気があって、いいよ、ほんと、応援します。

で、私が最近大好きな城月さん、やはり最高だったのね。
いま、宝塚が超忙しくてOSKの発表まで追いかけきれていませんが、城月さんがメインの何かがありましたら、ぜひご連絡くださいませ。駆けつけたいです。

あ、雪組が何かしてなくて、花組も何かしてないときだけど。
花組が昨日からスタートしましたが、OSKも7月とか何かやるのかな? だったら大劇場に行きがてらと考えましたが、
東京は絶賛雪組公演中で超絶大変な時期だったので、それが終わってからですね。いやーーー城月さん、待ってるしほんと頑張れ!!
大好きです。


by hanihani (2017-06-03 12:26) 

えりあ

hanihaniさん

翼さん、城月さん、私もいちおし!素晴らしい歌声なんですよ。
容姿も美形だし。翼さんと城月さん、背の高さは同じくらいかも・・。でもどちらも気にならないほど綺麗し歌えて芝居ができるので、私はお気に入りです。

7月13日~17日、神戸で荻田先生演出の「ハイダウェイ」というショーがあり、お二人とも出演です。翼さん二番手、娘役トップが城月さんかな。どちらも荻田先生が好きそうなので、期待大よ。

花大劇場ついでにどう?(東京は雪だけど)。私、花は来週行く予定~

by えりあ (2017-06-03 20:49) 

こんにちは

えりあ様 こんにちは。
2チームとも楽しかったですね!
どちらも歌!歌!歌!であっと言う間でした。
翼さんチームは、若さとパワー!エリア様の仰る通りのチーム戦。
華月さんチームは、一人一人をしっかり聞かせる。
と全く趣の違うショーで楽しかったです。
この2チームが合体されるハイダウエイが本当に期待大です!

そうです!城月さん主演のレビューカフェが見たいです!
娘役さんが主演だと選曲とか演出も違った感じにできるでしょうし、実現したら嬉しいです!

会場は、天井が高くて綺麗で良いのですが、なにせ舞台が狭い・・・。
ローズガーデンでの最近の舞台はもう少し広くて、もっとダンスも踊れてたような気がしました。(最初は狭かったけど、改良されてた気がします)。そう思うとローズガーデンって面積はあったんですね。照明ももう少し凝ってた気がしました。まあ物理的にできることとできないことがありますものね。そこは、仕方がないですね。
それでも舞台はもう少し広くしてあげたいです!

とにかく、神戸の公演への期待度が高まるレビューカフェでした。


by こんにちは (2017-06-07 16:54) 

えりあ

レビューカフェ会場、私はローズガーデンは天井が低いのが圧迫感があって最大にイヤだったので、天井が高い!の一点で、セントラファエロが嬉しい。でもおっしゃる通り確かに舞台はちょっと狭くなったみたいですね。ローズガーデン後半は、ダンスができるように舞台が広がってましたものね。セントラファエロも、横長使用の時はもう少し広かったような・・でも端っこ席から舞台が見づらかったから、一長一短ですね。

神戸のハイダウェイに期待大!は同感です。このとても素敵だった2チーム、ワクワクします。狭くてダンスの魅力が発揮できなかった麗羅さん、栞さん。そして華月さん翼さん、踊りまくって歌いまくって欲しいですね。
by えりあ (2017-06-07 23:51) 

ミカ

私は今回自由席(ローズガーデンの時、自由席でもよく見えたので)だったのですが もう全然何にも見えなかったです。しかも後ろだけかも知れませんが ぎゅーぎゅーで (>o<) せっかく近くに来てくれても写真も撮れませんでした。 ローズガーデンの時はどこに座ってもこんなに見えないことはなかったと思うのですが・・ セントラファエルは以前に何回も来ていますがこんなにステージが狭かった?と驚きました。そのせいか
わかりませんが大好きな雅ちゃんはあまりステージに現れずがっかりでした。神戸公演の会場もかなり狭いと聞いていますので・・地元なので観に行きますが私はあんまり期待しないようにしています
by ミカ (2017-06-08 12:20) 

えりあ

見えにくかったですか!私は今回はA席とS席で見たのですが、どちらでもよく見えたんで・・。席によるのかな。
ローズガーデンの時は、端の方になるとS席でも見づらかったし、ぎゅうぎゅうで客席降りが難しそうだったと感じましたが、これも公演によるのでしょうね。専用劇場じゃないから難しいですね。
カフェ規模くらい、専用が欲しいわ~って思いました。
三宮はどうなんでしょうね。狭くても見やすかったら嬉しいなあ。
by えりあ (2017-06-08 22:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。