So-net無料ブログ作成
検索選択

宝塚星組「オーム・シャンティ・オーム」梅芸 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組「オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻」梅芸
2017年7月23日(日)16時30分 梅田芸術劇場1階18列通路横


観劇週間の最後は星組梅田のインドモノ。
友人に誘われて行ってきました。

原作のインド映画を見ていないのですが、あらすじを読む限り、結構忠実に再現しているのでしょうか?このトンデモ展開。あまりのぶっ飛びぶりに、「原作がこんな筋なんだ、そうに違いない」と思ったのでした。小柳先生は脚色アレンジが上手いと思って期待してたんですが、マサラムービーの偉大さの前に、何をどうアレンジしたのかわかりませんでした。

1部はなかなか話が進まずちょっと冗長でしたが、2部はテンポよく進み、あっという間。
2部の怒涛の展開に、「え?ええ?そうなの?それでいいの?」と心の中で突っ込みました。
でも最後は、客席までみんなで踊って(これは小柳作品らしい)「ま、いいや~楽しかったし♪」と帰ることができたので、結果オーライです。

出演者でいうと、あまり好みの方が居なくて(すみません。星組はあんまり見てないので、ほんっと上級生しかわからない)、七海さんがかっこよくなって~とか綺咲さんは可愛いね~とか見た後は、後ろで踊ってる若い男役さんを物色していました。背が高くてイケメン君が居たので、探してみたり。後ろの方にいたから若いそうね~♪とか楽しんでました。


201707星オーム.jpg


原作付きの再演ですが、ものすごくネタバレしてます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星DC「阿弖流為」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星DC「阿弖流為」
2017年7月18日(火) 13時30分 梅田ドラマシティ 13列下手


原作の高橋克彦氏は大好きな作家、ほぼすべての作品を読んでいる。
この阿弖流為の原作も当然読んだ。彼の書く東北を舞台にした作品は熱い。
それが宝塚に?!そして礼真琴さん主演!?ということで、絶対に見たかった。
もう無理無理で見に行きましたが、これも大正解。ああ、行ってよかった!!

大野先生は原作の世界を損なうことなく舞台化してくれていた。
そして礼真琴さんは、「これこそ阿弖流為!」という男を演じてくれた。
イメージ通り。こんなにイメージ通りなんて、嬉しすぎる。違和感がない。
上手い上手いと聞いていたけど、星組はあまり見ないので実感していなかった。
ほんとに上手いです、美しいです。カッコいいです。
往年の柚希礼音さんにも似て、数年前の悠浦あやとさんにも似ていて、
大変素敵な男役さんでした。
これから星も見なくては!と思いました。

201707星阿弖流為.jpg

続きを読む


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団四季「キャッツ」 [観劇感想(その他)]

劇団四季「キャッツ」
2017年7月15日(土)12時 大阪四季劇場 O列通路端 

あの有名なミュージカルですが、実は見たことが無かった。
今回誘われて見に行きました。
以下、宝塚OSKファンのたわ言なので、四季ファンの方は気にしないでください。
というか読まないでください。お願いします。ただの愚痴です。

私の感想、「これはショーだ。」

ミュージカルというからストーリーがあるのかと思ってたのですが、
これは宝塚でいえば「テーマのあるショー」ではないかと思いました。

ダンスと歌のレベルは大変高く、正確なステップ、大胆なリフト、美しい歌を
堪能しました。装置というか劇場の雰囲気は「ライオンキング」で味わった通り
「シルクドソレイユ」のような雰囲気。劇場中を使って観客を巻き込み、
猫たちが縦横無尽に走りまくる。歌もダンスもスピード感も、大変素晴らしい。
でも私のテンションは上がらない・・理由は分かっている。
衣装とメイク。全員、リアル猫なんだもん!!(当たり前)

ということで、私は華麗な衣装と美しいお顔が無いとテンションが上がらない
という歌劇体質にどっぷり嵌っているのが分かりました(笑)

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「ALL for ONE ダルタニアンと太陽王」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「ALL for ONE~ダルタニアンと太陽王」初日
2017年7月14日(金)15時 初日 1F23列センター


三銃士のオリジナル物語、もの凄く良かった。楽しいし、スッキリして、
筋がしっかりしている。楽しく笑える。今日もすっごく笑った。
役者の演技力も高く、適材適所。歌も良かったしダンスもしっかり入ってる。
フィナーレも絶品。小池作品の良いところが出ている。
これはまた見たい、そう思える作品。初日に駆け付けた甲斐があったわ♪
(舞台セットなんかはちょっと、、かなり「るろうに剣心」だったけど)


201707月三銃士 正.jpg

初日なのでネタバレは控えめにしてます・・

続きを読む


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

OSK「HIDEWAY」初日 [観劇感想(OSK)]

OSK「HIDEWAY」
2017年7月13日(木)13時 初日 三宮シアター・エートー 


荻田先生の新作ショー!もう期待が高くて待ち遠しかった。期待通り。
ああやっぱり荻田先生大好きだ。この世界観は「男役」が居る歌劇の世界が
一番表現できるのだと思うのです。どうか荻田先生、OSKでまた新作を!

三宮に行ったのは何年振りか。あまりにひっそりとたたずむ小さな劇場なので
暑いのに無駄な動きをしてしまった・・到着は、開演5分前。
なんとしても早く見たくて無理していったんだけど、間に合ってよかった。

中は涼しい。幕が開くと、一気に荻田ワールド。
冒頭の雰囲気は荻田作品の香りが色濃く・・だが!荻田作品で初めて手拍子したり
笑ったりしたわ!!!というほどの内容。荻田先生からしたら、すごい実験作?
と思うような雰囲気でした。
セットも衣装もそれほど変わらないのに、少しの照明と衣装の着脱、それだけで
ころころと空気が変わる場面転換は見事。いくつもの場面「閉ざされた空間」で
ストーリーが進んでいく。ショーだけど連なるショートストーリーの集合体。
そこは荻田先生得意の手法。
城月さんの美声とアダルトな雰囲気は、荻田先生大好きでしょ~?(笑)
それに歌唱力抜群で超美声の翼さん、そして格段に歌が向上していた華月さん!
この3人が歌いまくり、麗羅さんが踊りまくる。この4人に、道案内風の栞さん。
下級生3人、壱矢さん、穂香さん、雅さんは動く舞台セット(雰囲気要員)、
という感じでした。
この8人という人数であの狭い小さな空間で、見事な演出でした。
ストーリー性が高くて、場面場面の物語が深読みができる。こういう作品大好き!

「これは選抜メンバーだな」と思わせる力量の歌いまくる3人の歌唱力。
5人のダンス力と雰囲気構成力。すごかった。これはCDもDVDも欲しいわ。


201707ハイダウェイ.jpg

ネタバレあります。ショーだけど荻田作品だからね。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇