So-net無料ブログ作成
観劇感想(宝塚) ブログトップ
前の10件 | -

宝塚花組「セニョール クルゼイロ」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「セニョール クルゼイロ」
2018年5月11日(金)14時30分 バウホール 9列


ダンスが凄い!!「ダンスの花組、ここにあり」って気分。
こんなに激しく凝った振り付けのダンス、久しぶりに見た。
ダンスのOSKのダンス特化公演レベルの難易度に見える。
何場面かのダンスシーン、息をのんでみてましたもん。
場面終わると息を吐きつつ、全力で拍手だ。こんなのいつ以来?

水美さんのかっこよさと言ったらもう!!
端正佇まい、ダンスは最高で、歌も上手くて芝居も良い。
これであと声が低くて渋みと色香が出ると完璧な私好み。
もともと好みのタイプだったけど、今回「圧倒的な主役」を張っている姿に
その存在感に、さらに惚れ直した。

今回、稲葉先生らしさ全開のバウ作品で、花男の魅力前回なショー公演で、
いろいろと思い出しまくりましたよ。フィナーレそのまんま同じなんだもん・・

いい作品だった。これも何回も見たい、通いたい!
以下、ネタバレあります。

201805花クルゼイロ.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「あかねさす紫の花/Santé!!」博多座 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「あかねさす紫の花/Santé!!」博多座
2018年5月6日(日)博多座 3階A列 役代わりA

博多座!なんて綺麗な劇場。素敵な雰囲気!
噂には聞いていましたが、想像よりずっと素晴らしい劇場だ。
長い宝塚ファン歴の割に、博多座は今回初。巡り合わせですね・・。

劇場も素晴らしかったけど、花組さんも素晴らしかった。
明日海さんの歌声は絶品、美貌も絶品。トップが長いけど飽きないわ私。
柚香さんも美しく、なんだか歌がとても良くなっていて驚きました。
久しぶりに見る「あかねさす」も(一路さんの雪組以来なので十何年ぶり?)
雅なロマンで、メンバーが大きく変わった「サンテ」も豪華なショーで満足。
今回席の関係で結構オペラグラスを使って見ていたのですが、
なんか花組って綺麗な人が多い?可愛い娘役が多い?と改めて気づいた。
(他の組に比べて、ではなくて。私の好みの若い子が居る事に気づいただけ)
つい帰りにプログラムを買って、ホテルで気になった人をチェック。
かなり下級生で楽しい。花組も見るのが楽しくなりそう!
プログラムが2種類ある事にも驚いた。役代わりだから?!初めて見たわ。

201806花博多.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「義経妖狐夢幻桜」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「義経妖狐夢幻桜」
2018年4月8日(日) 宝塚バウホール 14:30 10列


SFだ、これ。さすが谷貴矢先生。
誰が演出家か聞かなくてもわかるほど、特徴が出ている。
リアリティの放棄が幻想的な世界を創造する、この独特の世界観。
貴矢作品を見ると、絶対にSF小説を思い出すんだわ。
私はこういう浮遊感漂う雰囲気で、いろいろ考えられる作品は好き。
衣装と装置がとても幻想的で美しいので、一度ショーを見てみたいな。

衣装ビジュアル、朝美さんのヨシツネは最高に美しい。ゲームキャラみたい。
今回何よりその魅力に嵌ったのが、永久輝さんのヨリトモ。
髭が似合う!!貫録のある堂々とした情に厚い強い男!素敵~好み!
エイサイが、こんなになるか!というほど素晴らしい表情とセリフ回し。
そしてベンケイ。この包容力、芝居の間。空間のセリフ。
久城さんと真那さん本領発揮。正しいキャスティングだ。
あとはマサコが凄く印象的で。ヒロインじゃないけど超目立ついい女。

チケットさえあれば、あと2~3回は見たかった。
1回でも劇場で見られてよかった。スカイステージが待ち遠しい。
(NHKか新感線のゲキ×シネくらいのレベルで映像化してほしい作品だって)

201804雪義経.jpg


もう公演終わってますが、ネタバレ、と私が思っているものを書いてます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「カンパニー/BADDY」東京 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「カンパニー/BADDY」東京
2018年4月6日(木)東京宝塚劇場 18時半 2階13列

久しぶりに東京で観劇。月組公演です。

なんだか大劇場より面白い!
タイミングや間がよくなった感じもするし、
内容が東京の笑い向けにも思える(客席の感性は関西と関東は違うと思う)。
とっても楽しかった。いっぱい笑った。
もともとこの話すごく好き。テーマがしっかりしてる良い話。
中高生の観劇会向けにぴったりでは?と思うくらい。
2月に最初に見たときは、演出がイマイチ〜と思っていたけど、
今回は慣れたのか、さほど感じなかった。

今回は初の2階席。2階から見ると綺麗!!という場面が多い事が判明。
ショーはもちろんだけど、「カンパニー」のフラッシュモブの場面、
1階で普通に見ていると、客席降りがあるので、ついそちらをみてしまい
舞台奥まで見てなかった。豪華に綺麗だ!
ショーでも、こんなに後方でいろいろ出来事が起こっていたのね?とか
全般的に群舞のフォーメーションが綺麗だとか、分かった。
ショーもぶっ飛んでるけど、華やかだし、好きだ。

今回改めて思ったのは。今の月組の構成バランスが好きだな〜ってこと。
トップコンビ2番3番4番、管理職、脇を固める重鎮中堅、綺麗どころ、若手。
それがとっても持ち味を生かした配役をされていて、楽しかった。

IMG_2390gojira.jpg

日比谷のゴジラくん。東京用ポスターがないので代役。力強さと優しさで抜擢(笑)

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「誠の群像/Super Voyager!」全国ツアー梅田 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「誠の群像/Super Voyager!」
2018年3月25日(日) 梅田芸術劇場 1階24列上手

20年前の再演続きですが、「誠の群像」は見てなかった。なので初見。
谷先生ではあるが、演出は少し古いものの、脚本は良かった。
しっとりした雪組の細かな芝居が嵌っていて、面白かった。再演とは思えない。
望海さんの芝居が上手くて、彩風さんの二役も見事。軍服が似合う!
彩凪さんがいい味出していて、奏乃さんががっちり締めていた。
綾さんがかわいくて。初めて見た「誠の群像」良かったです。

大好きなショーです。セットやセリがなくなり、平舞台での演出に変更。
沙央さんの場面が真彩さんの場面に変更になったくらいで、あとはそのままな印象。
暴風雪が吹雪になり(的確な表現だ)、エグザイルがキラキラアイドル5人組になった印象。
あとは変更なく、大劇場の時そのままの素敵なショーでした。

朝美さんバウのため、若手スターがごっそり抜けていて、「誰?いまの誰??」という抜擢が多くて、プログラムを買ってしまった・・・
そのバウチームがご観劇でした。望海さんが「よしつね ようこ むげんざくら!」と叫んでました。一瞬、義経の相手役が「ようこ」かとびっくり。相手役は「妖狐」なんだろうけど、「陽子」とか「葉子」に変換されてしまったので(笑)


201803雪誠の群像.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚宙組「天は赤い河のほとり/シトラスの風~Sunrise」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚宙組「天は赤い河のほとり/シトラスの風~Sunrise」
2018年3月21日(水祝)11時 1階14列下手


漫画原作続きですが、この作品は未読です。あらすじだけ読んでいきました。
たぶん、原作なら波乱万丈なんだろうな~ってエピソードの片鱗が散見し、原作を知る人ならここでいろいろ思いだすんだろうな~って感じ。超ダイジェスト?
なんとか90分にまとめてあったので、ストーリーはわかりました(あらすじから予測はつくけどね)。でもストーリーがわかっただけで、登場人物の誰にも感情移できなくて。
今どういう状況?どうなってるの?あれ敵?!え、いつ和解した?!このひと誰?という感じで、状況の把握に必死で、何かを味わうところまで行けなかった。(同じく超ダイジェストでも『太王四神記』は、ストーリーもわかり感情移入もできたんだけどな)
真風さんはかっこよくて、芹香さんは漫画通りで(見てないけどそんな気がする)、実は主役のナキア王妃が印象的だった。

ショーは懐かしの「シトラスの風」。だが懐かしいのはプロローグと2場面だけ。なーんだって感じの肩透かし。そして当時は特に思わなかったけど今見ると振り付けが簡単でなんだかいろいろゆっくり。この20年でダンスは進化したのだな~って思った。
あと・・歌に定評があった姿月さんと伝説の娘役・花總さんというトップコンビの作品を、新生宙組でというのはちょっと合ってなかったと思う。だから「初演シトラスの風」になかった場面は(フィナーレ以外)良かった。寿さんのダンスな場面が一番真風さんらしくて印象に残りました。

201803宙天河.jpg

ネタばれありますが、私もネタがよくわかってません。。。


続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「カンパニー/BADDY」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「カンパニー/BADDY」
2018年2月13日(火)11時 1階22列センター


宝塚歌劇にしては変わってるけど、結構おもしろい!芝居もショーも。

お芝居「カンパニー」は、現代日本が舞台という珍しさ、
しかも主人公はサラリーマン。こんな設定って見た事無いくらい。
でも原作がしっかりしているからか、テーマも明確で、面白かった。
バレエ公演の場面をもう少し入れてくれたら、もっと嬉しかったけど、
時間の制限もあるのかな。異色の作品といえるけど、楽しかった。

そしてショー。これぞ異色。
とはいえ、ストーリー性が強いショーは以前にも見た事があるし、これはちゃんとショーになっていて、必要な構成要素は入っている。衣装や小道具、トップコンビ&2番手の関係がかなり・・相当異色で、テーマも異色だから、ものすごく違和感があるんだ〜という気がした。
つまり、「うわ!何・・・?これ?宝塚でやっていいの???」とは思うけど、やってみたら「宝塚でもありやな。楽しいやん・・かっこいいやん!」と感じた。
個人的に美弥さんのあまりの美しさに惚れ惚れし、宝塚の常識ではあり得ない設定のおかげで、あの美弥さんが見れたのだから、大感謝したい。

お芝居もショーも、今回は美弥るりかさんに目が釘付けでした。
今頃何を・・と言われる事は百も承知ですが、美弥さんの魅力にはじめて気づいた私。もう美しすぎて格好良すぎて、久しぶりにドキドキしました。


201802月カンパ二―.jpg

ネタばれあります。



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星組DC「ドクトル・ジバゴ」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組DC「ドクトル・ジバゴ
2018年2月5日(月)12時 ドラマシティ 15列上手

星組ドラマシティ公演はロシアもの、時代は宙組大劇場「神々の土地」と同じ。
革命前夜から革命後までの激動の時代を描く。だからとても暗い。
「神々の」はまだ皇帝に近い貴族社会が舞台だったので、華やかに美しい場面が多くて
宝塚らしい豪華さは味わえたけれど、
「ジバゴ」は貴族とはいえ民衆に近い地位の方と革命家、逃亡先の地方が舞台なので、
大変に地味。ロシアものといえば、後者のほうが正統派なのだろうな。
でも見ると重すぎて精神的に疲れるので、2回続けては絶対に見られない(私には)。

それほどに、星組さんの熱演を見た。芝居時代はしっかりしていて良かった。
歌もうまかった。聴かせる歌。主役はまあ置いといて、ヒロインと敵役。
だからこそ重苦しくなるほどの重圧を感じたのだなあ・・星組さん、やるな~

201802星ジバゴ.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「ポーの一族」新人公演 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「ポーの一族」新人公演
2018年1月23日(火) 18時 宝塚大劇場 2階6列

正月早々花組「ポーの一族」を見て、すぐに単行本を読み返し、
この間出たという新刊も買って読んで臨んだ2回目、さらに感動。
チケットがあれば通ったに違いない公演です。
そして今日、新人公演を見ることができました。

90分のダイジェスト版ですが、2幕をほぼ全部上演した感じ。
やっぱり1幕って説明なんだ…と実感した。2幕がメイン。
演者が変わるといろいろ違いも出てきて、新たなニュアンスを楽しみ、
普通に見ていたことが実は難しかったの!?と改めて実感し。

若手さんの実力を拝見して成長を愛でつつ(宝塚の醍醐味)
本役の上級生の実力を感じて成長を喜び(長年見てる醍醐味)、
次に注目する生徒さんを探したり、と大変楽しかったです。

20180123花新人公演.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「ポーの一族」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「ポーの一族」
2018年1月3日(水)11時 1階25列センター


今年最初の観劇は宝塚。ポーの一族。少女のころ愛読した名作。
愛蔵版が実家においたままだが、内容はほぼ覚えている。

今日見て・・原作のイメージ通りでとっても良かった。
エドガーもアランもメリーベルも原作のまま。
エドガーの実写率は素晴らしい!!驚異的な再現度。
歌も最高に聞かせてくれて、改めて明日海さんの実力と魅了を思い知った。
適材適所の素晴らしいキャスティング、大変高価そうな美しい背景映像、
豪華で原作の雰囲気のあるセット、原作通りのデザインの古風で豪華な衣装。
それに私の好きな小池先生らしい盛り上がる演出。かっこいいフィナーレ。

良かった!もう一度見たい。見る。
これチケットあったら、絶対通うわ。今日も立ち見いっぱい!

201801花ポー.jpg


ネタばれあります。いつものことながら勝手な私の解釈感想も。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 観劇感想(宝塚) ブログトップ