So-net無料ブログ作成
検索選択
観劇感想(宝塚) ブログトップ
前の10件 | -

宝塚星組「オーム・シャンティ・オーム」梅芸 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組「オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻」梅芸
2017年7月23日(日)16時30分 梅田芸術劇場1階18列通路横


観劇週間の最後は星組梅田のインドモノ。
友人に誘われて行ってきました。

原作のインド映画を見ていないのですが、あらすじを読む限り、結構忠実に再現しているのでしょうか?このトンデモ展開。あまりのぶっ飛びぶりに、「原作がこんな筋なんだ、そうに違いない」と思ったのでした。小柳先生は脚色アレンジが上手いと思って期待してたんですが、マサラムービーの偉大さの前に、何をどうアレンジしたのかわかりませんでした。

1部はなかなか話が進まずちょっと冗長でしたが、2部はテンポよく進み、あっという間。
2部の怒涛の展開に、「え?ええ?そうなの?それでいいの?」と心の中で突っ込みました。
でも最後は、客席までみんなで踊って(これは小柳作品らしい)「ま、いいや~楽しかったし♪」と帰ることができたので、結果オーライです。

出演者でいうと、あまり好みの方が居なくて(すみません。星組はあんまり見てないので、ほんっと上級生しかわからない)、七海さんがかっこよくなって~とか綺咲さんは可愛いね~とか見た後は、後ろで踊ってる若い男役さんを物色していました。背が高くてイケメン君が居たので、探してみたり。後ろの方にいたから若いそうね~♪とか楽しんでました。


201707星オーム.jpg


原作付きの再演ですが、ものすごくネタバレしてます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星DC「阿弖流為」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星DC「阿弖流為」
2017年7月18日(火) 13時30分 梅田ドラマシティ 13列下手


原作の高橋克彦氏は大好きな作家、ほぼすべての作品を読んでいる。
この阿弖流為の原作も当然読んだ。彼の書く東北を舞台にした作品は熱い。
それが宝塚に?!そして礼真琴さん主演!?ということで、絶対に見たかった。
もう無理無理で見に行きましたが、これも大正解。ああ、行ってよかった!!

大野先生は原作の世界を損なうことなく舞台化してくれていた。
そして礼真琴さんは、「これこそ阿弖流為!」という男を演じてくれた。
イメージ通り。こんなにイメージ通りなんて、嬉しすぎる。違和感がない。
上手い上手いと聞いていたけど、星組はあまり見ないので実感していなかった。
ほんとに上手いです、美しいです。カッコいいです。
往年の柚希礼音さんにも似て、数年前の悠浦あやとさんにも似ていて、
大変素敵な男役さんでした。
これから星も見なくては!と思いました。

201707星阿弖流為.jpg

続きを読む


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「ALL for ONE ダルタニアンと太陽王」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「ALL for ONE~ダルタニアンと太陽王」初日
2017年7月14日(金)15時 初日 1F23列センター


三銃士のオリジナル物語、もの凄く良かった。楽しいし、スッキリして、
筋がしっかりしている。楽しく笑える。今日もすっごく笑った。
役者の演技力も高く、適材適所。歌も良かったしダンスもしっかり入ってる。
フィナーレも絶品。小池作品の良いところが出ている。
これはまた見たい、そう思える作品。初日に駆け付けた甲斐があったわ♪
(舞台セットなんかはちょっと、、かなり「るろうに剣心」だったけど)


201707月三銃士 正.jpg

初日なのでネタバレは控えめにしてます・・

続きを読む


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「邪馬台国の風/Santé!!」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「邪馬台国の風/Santé!!」
2017年6月5日(火)13時 2階13列サブセンター


花組を見てきました。
邪馬台国の話というので、「月雲の皇子」「鬼ノ城」のような
雰囲気を期待してたんですが。
確かに衣装はそんな感じ。でも妙に現代的?
設定はとても良いのに、あまり盛り上がらなかった印象。
テーマがよくわからなかった・・。
部分部分の場面はカッコいいし、祭り場面は賑やかで華やか。
狗奴国の芹香&星条の黒コンビがとってもカッコいい!
場面だけ切り取って深く考えなければ、十分楽しめると思う。

ショーは藤井大介先生らしい、みんなで踊って華やかに!
という感じで、エキサイターほどではないけど、気に入りました。
(ヤマタイ効果があるかも。エキサイター初演大絶賛も
多少はベルばら効果があったかもしれん)
とはいえ、最近では好きなショーです。
ショーはもう一度見たい。

201706花やまたい.jpg

盛大なネタバレありますし、「ヤマタイ」の方はあまり好みじゃないので
ヤマタイがお気に入り♪の方は読まないほうが・・ご注意下さい。



続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」
2017年5月3日(水祝)11時 1階3列上手


久しぶりの宝塚。雪組行ってきました。
トップコンビの退団公演、ですがお芝居は退団色をあまり感じなかったけど
ショーの方は退団カラー満載。バランスとれてますね。
ショーの方は、トップコンビ退団もですが、香綾しずる氏、鳳翔大氏退団!
というのがひしひしと感じられる作りでした。退団者への餞は大盛だった。

お芝居は、昭和30年代の日本のドタバタコメディ映画そのものという感じで、
小柳先生にしては宝塚アレンジがいまひとつ・・という雰囲気。映画のままでは。
もう少し宝塚っぽく退団っぽくを期待していたので、期待しすぎたかもしれない。
ショーは踊りまくっていた印象。ずっとみんなで踊っていた。
初舞台生ラインダンスがとても変わっていて、上から見たら綺麗だろうなあ~と
思える振付だった。こういうのも好き。


201704雪幕末2.jpg

ネタバレあります。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組DC 「MY HIRO」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「MY HIRO
2017年4月3日(月)12時 シアタードラマシティ 10列上手


斎藤センセとは趣味が合わない。と常々思っているので、正直期待薄で行った。
そしたら!面白いではないですか。
テレビアニメ、特撮ヒーローもの。日曜朝9時くらいに放映してているような。
そんな雰囲気が、斎藤作品にぴったり。その裏側の俳優を主人公にした作品。
屈折した俺様なスターが、スキャンダルで落ちて、そして気づく物語。
なかなか、何気に素晴らしいストーリーではないですか。
そして背景は、斎藤センセの大好きな特撮アニメの世界。随所に趣味満載(笑)
その「凝ったこだわり」が、この作品に対しては大変良い効果をもたらしていた。
(いつもは「余計!!いらんのじゃ(怒)」となるのだが、今回は良い「効果」だ)

さらに。このサイトーセンセの趣味満載の世界に、こんなカッコいいヒーローが!?
と思うほど、「俺さま野郎のヤなスタ―から、ツンデレ俺様の魅力はそのままに、
人間味溢れる魅力的なヒーローに成長した主人公」にしてくれた芹香さん。

私は大変気に入った。斎藤作品で初めて気に入ったかも。
斎藤先生もこだわり凄いし、全員使おうとするから、大劇場よりドラマシティの
方が向いてるんだろうなあ・・・と実感した。(「も」は正塚先生にかかる:笑)

201704花マイヒーロー.jpg


続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」東京 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」東京
2017年2月25日(土)11時 生協貸切。1階上手


「グランドホテル」の役代わりがどうしても見たくて、
でも日程あわなくて東京でやっと見られました。

エリック:暁千星、ラファエラ:朝美絢、フラムシェン:海乃美月

Bパターン。見に来て良かった!このキャスト嵌ってる。
ラファエラが初めて女性に見えた。朝美さん、歌うまい。

もちろん男爵とエリザヴェッタ、オットー、は素晴らしく、
この3人の主役のうまさは絶賛だ。運転手、ドクター、実業家。
強烈なインパクトのある実に味わい深い脇役陣。

ショーは安定の「宝塚らしい」ショーで、頭の中がパリになる。
さっきまでベルリンだったんだけどね。黒燕尾が素晴らしく好み。
月組って結構踊るんやん!と改めて思いました。

前回見たのが正月2日。なんだか遥か昔みたい。
東京に来るといつも感じる事ですが。思い出しながら見ました。

201701月グランドホテル横2.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」
2017年1月2日(月祝) 15時 ぴあ貸し切り 1階5列センター


年明け一番は宝塚。新生月組。久しぶりの「グランドホテル」。
宝塚の「グランドホテル」前回は何年前だっけ?涼風真世さんの退団公演。
それは受験などでしばらく遠ざかっていた宝塚を数年ぶりに見に行った時。
誰が誰だかよくわかっていなかったので、
「・・なんか、男爵のほうがかっこよくて主役に見える???」
と大変疑問に思いました。今日、その疑問が解けました。
やっぱり男爵が主役ですんなり嵌るんじゃないか・・と。
オットーはW主役に見えないこともないけど、カッコよさから言うと男爵だよな、
と当時から思っていたことを今日も思いました。
そう、今日もオットーも主役と言われたら主役かも?と思える出番と役割。
初演も素敵でしたが、今日はもっとがっちりとキャストが嵌って見えました。
曲も良くて耳に残るし、舞台の使い方が「グランドホテル形式」という様式が
できたほど、見事なんですよね。セットがほとんどなくて動かないんだけど、
場面が変わって見えるという、画期的な方式。・・宝塚にはもったいないけど。
大変気に入りました。これは役替わりも見たい!!

そしてショーの方はこれまた、「これぞ宝塚」という典型的な宝塚らしいショー。
ちょっと珠城さんにはキラキラひらひら過ぎる場面もあり、・・・眩しかったですが、
黒燕尾なんかは正統派で、美しく優雅ながら硬派で素敵な場面に仕上がってました。
稲葉先生と気づかなかったくらい、中村B先生的な「古き良き典型」を取り入れた感じの
オーソドックスで落ち着いて見られる素敵なショーでした!


では順番に。

201701月グランドホテル.jpg


続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「雪華抄/金色の砂漠」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「雪華抄/金色の砂漠」初日
2016年11月11日(金) 15時 1階29列センター


花組初日を見てきました。上田久美子先生の新作!これが楽しみで。

まずは日本物のショー。「花の踊りはよいやさ~」から始まるチョンパの幕開き。
これが豪華で大変美しかった。人数の多さと衣装の豪華さ、素晴らしい。
こういうのはテンション上がります!(でも本作も東京照準なんですね)
いろいろな場面がOSKで見たことがあるような気がしたけど、正統派日本物
だから似てしまうんでしょうね。
ただ、「日本物のショーに慣れてない!」というのが歴然と見て取れました。
早く慣れてください。衣装とセットと釣り合うように期待してます。

そして上田先生の新作は、大変複雑で深いお話(脚本・演出)でした。
一階奥からだったので、ずっとはオペラグラスで表情を追いきれませんでしたが、
台詞と感情が違う(と想定される)場面がとても多い。だから表情が見たい。
アップで見たい。これは映像向き。後ろからだと面白さ半減だ(推定)。
様々な立場の多くの人々が、それぞれの思惑で複雑に動く。見事。
しかも感情と台詞が一致している人は少なく。何より主役コンビが
全然違うのだ、感情と台詞が。(推定だけどね)。
初日だったし、まだぎこちなく感じたので、これはこなれたころに
もう一度見てみたいと思いました。
そしてセットの美しさ。なんと幻想的な美しい・・アラビア風の建物、
そして金色の砂漠。本当に金色の砂漠が見えました。
フィナーレに普通のショー場面の短縮版がついているような感じ。
セットと照明だけでも見る価値あり。マラケシュのような感じでした。
(行ったことないけど)

201611花金色砂漠.jpg


ネタバレあり。わからないように気を付けたけど、わかる・・・かも。ご注意ください。

続きを読む


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「私立探偵ケイレブ・ハント/GREATEST HITS!!」千秋楽 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「私立探偵ケイレブ・ハント/GREATEST HITS!!」千秋楽
2016年11月7日(月) 13時 2階13列上手サブセンター


雪組は初日と千秋楽と、見ることができました。
それ以外にも見てるけどね(笑)。ということで千秋楽。

ケイレブの方は、やはり初回見たときが一番わくわくして楽しかった。
ミステリータッチは、「驚き」を大切にしたいもの。
それに今回は特に伏線があるわけでも、「あれはそうだったんだ!」という
あとから詳しくみたいエピソードもなかったように思うので、
ひたすら早霧さんと咲妃さんのラブラブを堪能するのが正しい楽しみ方なんだ!
と改めて思いました。
個人的には、敵役(マクシミリアン氏)がもっと活躍し、ところどころに
伏線貼りまくって、探偵3人でガンガン戦ってほしかったです。
(危険度がアップして、レイラちゃんが激怒しそうですが:笑)

ショーはやはり1か月経つとこなれてきてさらにレベルアップした印象。
特に「運命」の曲の場面。望海さんの歌、彩風さんが踊るところですわ。
この場面の迫力は最高級でした。個々だけ何度でも見たいほど気に入った。

201610雪私立探偵横.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 観劇感想(宝塚) ブログトップ