So-net無料ブログ作成
観劇感想(宝塚) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

宝塚月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」東京 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」東京
2017年2月25日(土)11時 生協貸切。1階上手


「グランドホテル」の役代わりがどうしても見たくて、
でも日程あわなくて東京でやっと見られました。

エリック:暁千星、ラファエラ:朝美絢、フラムシェン:海乃美月

Bパターン。見に来て良かった!このキャスト嵌ってる。
ラファエラが初めて女性に見えた。朝美さん、歌うまい。

もちろん男爵とエリザヴェッタ、オットー、は素晴らしく、
この3人の主役のうまさは絶賛だ。運転手、ドクター、実業家。
強烈なインパクトのある実に味わい深い脇役陣。

ショーは安定の「宝塚らしい」ショーで、頭の中がパリになる。
さっきまでベルリンだったんだけどね。黒燕尾が素晴らしく好み。
月組って結構踊るんやん!と改めて思いました。

前回見たのが正月2日。なんだか遥か昔みたい。
東京に来るといつも感じる事ですが。思い出しながら見ました。

201701月グランドホテル横2.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」
2017年1月2日(月祝) 15時 ぴあ貸し切り 1階5列センター


年明け一番は宝塚。新生月組。久しぶりの「グランドホテル」。
宝塚の「グランドホテル」前回は何年前だっけ?涼風真世さんの退団公演。
それは受験などでしばらく遠ざかっていた宝塚を数年ぶりに見に行った時。
誰が誰だかよくわかっていなかったので、
「・・なんか、男爵のほうがかっこよくて主役に見える???」
と大変疑問に思いました。今日、その疑問が解けました。
やっぱり男爵が主役ですんなり嵌るんじゃないか・・と。
オットーはW主役に見えないこともないけど、カッコよさから言うと男爵だよな、
と当時から思っていたことを今日も思いました。
そう、今日もオットーも主役と言われたら主役かも?と思える出番と役割。
初演も素敵でしたが、今日はもっとがっちりとキャストが嵌って見えました。
曲も良くて耳に残るし、舞台の使い方が「グランドホテル形式」という様式が
できたほど、見事なんですよね。セットがほとんどなくて動かないんだけど、
場面が変わって見えるという、画期的な方式。・・宝塚にはもったいないけど。
大変気に入りました。これは役替わりも見たい!!

そしてショーの方はこれまた、「これぞ宝塚」という典型的な宝塚らしいショー。
ちょっと珠城さんにはキラキラひらひら過ぎる場面もあり、・・・眩しかったですが、
黒燕尾なんかは正統派で、美しく優雅ながら硬派で素敵な場面に仕上がってました。
稲葉先生と気づかなかったくらい、中村B先生的な「古き良き典型」を取り入れた感じの
オーソドックスで落ち着いて見られる素敵なショーでした!


では順番に。

201701月グランドホテル.jpg


続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「雪華抄/金色の砂漠」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「雪華抄/金色の砂漠」初日
2016年11月11日(金) 15時 1階29列センター


花組初日を見てきました。上田久美子先生の新作!これが楽しみで。

まずは日本物のショー。「花の踊りはよいやさ~」から始まるチョンパの幕開き。
これが豪華で大変美しかった。人数の多さと衣装の豪華さ、素晴らしい。
こういうのはテンション上がります!(でも本作も東京照準なんですね)
いろいろな場面がOSKで見たことがあるような気がしたけど、正統派日本物
だから似てしまうんでしょうね。
ただ、「日本物のショーに慣れてない!」というのが歴然と見て取れました。
早く慣れてください。衣装とセットと釣り合うように期待してます。

そして上田先生の新作は、大変複雑で深いお話(脚本・演出)でした。
一階奥からだったので、ずっとはオペラグラスで表情を追いきれませんでしたが、
台詞と感情が違う(と想定される)場面がとても多い。だから表情が見たい。
アップで見たい。これは映像向き。後ろからだと面白さ半減だ(推定)。
様々な立場の多くの人々が、それぞれの思惑で複雑に動く。見事。
しかも感情と台詞が一致している人は少なく。何より主役コンビが
全然違うのだ、感情と台詞が。(推定だけどね)。
初日だったし、まだぎこちなく感じたので、これはこなれたころに
もう一度見てみたいと思いました。
そしてセットの美しさ。なんと幻想的な美しい・・アラビア風の建物、
そして金色の砂漠。本当に金色の砂漠が見えました。
フィナーレに普通のショー場面の短縮版がついているような感じ。
セットと照明だけでも見る価値あり。マラケシュのような感じでした。
(行ったことないけど)

201611花金色砂漠.jpg


ネタバレあり。わからないように気を付けたけど、わかる・・・かも。ご注意ください。

続きを読む


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「私立探偵ケイレブ・ハント/GREATEST HITS!!」千秋楽 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「私立探偵ケイレブ・ハント/GREATEST HITS!!」千秋楽
2016年11月7日(月) 13時 2階13列上手サブセンター


雪組は初日と千秋楽と、見ることができました。
それ以外にも見てるけどね(笑)。ということで千秋楽。

ケイレブの方は、やはり初回見たときが一番わくわくして楽しかった。
ミステリータッチは、「驚き」を大切にしたいもの。
それに今回は特に伏線があるわけでも、「あれはそうだったんだ!」という
あとから詳しくみたいエピソードもなかったように思うので、
ひたすら早霧さんと咲妃さんのラブラブを堪能するのが正しい楽しみ方なんだ!
と改めて思いました。
個人的には、敵役(マクシミリアン氏)がもっと活躍し、ところどころに
伏線貼りまくって、探偵3人でガンガン戦ってほしかったです。
(危険度がアップして、レイラちゃんが激怒しそうですが:笑)

ショーはやはり1か月経つとこなれてきてさらにレベルアップした印象。
特に「運命」の曲の場面。望海さんの歌、彩風さんが踊るところですわ。
この場面の迫力は最高級でした。個々だけ何度でも見たいほど気に入った。

201610雪私立探偵横.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組DC「アーサー王伝説」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組DC「アーサー王伝説」
2016年11月1日(火) 梅田芸術劇場ドラマシティ 12時 19列センター


曲が日本のじゃない!宝塚では無い曲調、結構な音域。ああフレンチ・ミュージカル。
これは大変そう・・という歌。ただダンスはあまりフレンチしてなかったように思う。
歌ってたのは、アーサー、ランスロッド、メリアグランス。
モーガンやマーリンもソロあり。目立つ役とプログラムの写真の大きさが一致しない。
ソロや出番役割も含め、宝塚の序列と関係なく適材適所であった。

アーサー王、包容力が見事でした。孤独に耐え国民のために生きる姿が素晴らしい!
ランスロッド、主君の妻と恋に落ちる若者の動揺と恋心・・一目惚れられるのも分かる
イイ男だった(超美青年だしね)。メリアグランス、最初、2番手かと思ったほどだ。
カッコええわあ。モーガン、いやモーガンそのもの!なんて妖しい美女なんだ。
大迫力だ。モーガンが連れてる美少女コンビも目の保養。

1幕ラストがとっても好み。ラストシーンより好きだわ、あの演出。
楽しみました!面白かったけど、本公演なら人が余りそうなので別箱がいいですね。


201611月アーサー王.jpg

ネタバレあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「私立探偵ケイレブ・ハント/GREATEST HITS!」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「私立探偵ケイレブ・ハント/GREATEST HITS!」初日
2016年10月7日(金)15時 初日 2階5列センター


雪組本公演で正塚先生ってどのくらい久しぶりだろう?
大劇場でみる正塚先生も久しぶりのような気がする。
久々に見る正塚作品は、佳作といえる小品。
大劇場でやる必要はないと思われる規模だけど、破綻してないし
暗すぎないし、登場人物もまあまあの数(普通には少ないけど、
正塚作品にしては多い・・・でもトップコンビ以外に必要なのは、
敵対する月城さん、狙撃手の香稜さん、刑事の彩風さんくらいかも。)
早霧さんと咲妃さんのファンなら大喜びの内容ではないだろうか?
特にコンビ萌えという方々には。
ストーリーがサスペンス風味なので、一度見るには「先がどうなるの?」
という好奇心が楽しい。ロマンチックだけど、宝塚を見た気分にはなりにくい。

ショーは、稲葉先生の安定感あり。特に稲葉色を感じさせる場面は
なかったかな。下半分半月の照明がそれらしかった。
場面では、後半の望海さんと彩風さんが対決する場面はとても迫力があって好き。
人では、永久輝さんがガンガン出てきて、月城さんが堂々たるスターだった印象。


201610雪私立探偵.jpg

ネタバレあります。


続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組バウ「アイラブアインシュタイン」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組バウ「アイラブアインシュタイン」初日
2016年9月15日(木) 14:30 初日 10列上手


演出家デビュー作は、いろいろ思い入れがあって面白い・・と
思ったことがあったので、チケットが手に入る限り見に行こうと思ってる。

今回も、作者の思い入れたっぷりの作品だった。
少し詰め込みすぎで台詞が膨大だったけど、良かった。
思いは大変ストレートに伝わる。それでいて、ストーリーにひねりもある。
台詞に理系用語が多くて、ダンスや歌が少なくストレートプレイのよう。
もう少し言葉以外で表現させてくれたら、もっと宝塚らしくなると思う。
なんか・・SF小説読んでるみたいな気分でした。

瀬戸さん、水美さん、亜蓮さん、かっこよかった・・!花組男役最高!って気分。


201609花アインシュタイン.jpg

ネタバレを最小限にした(つもりな)ので、わかりにくいかも・・。
でもネタバレはあると思ってお読みください。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星組「桜華に舞え/ロマンス」 初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組「桜華に舞え/ロマンス」
2016年8月26日(金)15時 初日 2階7列サブセンター


星組トップコンビの退団公演、初日を見ることができました。
お芝居はまあ「サイトーさんだ」という感じ(どんなんだ?)で、
たくさんの人に見せ場を作り、ストーリーを練りすぎて、でも持ち時間が
90分と限られた結果ごちゃついてしまったというパターンに見えた。
つまり予習必須という感じでしょうか。

ショーは岡田先生らしい久々のロマンチックレビュー、
退団色の濃い、北翔さんの魅力が満載の素敵なショーでした。
最後に北翔さんの歌声を存分に聞けて本当に満足です!

トップコンビ退団時、あとを継ぐ2番手コンビが組育ちで、
その場にいるというのは、とても幸せなことなのだと、
改めて思いました。


201608星桜華.jpg

ネタバレあります。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚宙組「エリザベート」Aパターン [観劇感想(宝塚)]

宝塚宙組「エリザベート」Aパターン
2016年8月16日(火)15時 1階12列上手サブセンター



やっぱり「エリザベート」は良い作品ですね。
宙組はトップコンビが安定しているし、今回は危ない人がいないので
安心してゆっくり作品を楽しめます。

朝夏さんの歌がさらに向上していて、実咲さんの安定感。
このお二人の歌、聞いていて楽譜に起こせそうなほど正確にきちんと歌って
いるのではないか?と思うほど。安定度プラス余裕で、いい感じです。
真風さんが最大の功労者。素晴らしい向上度。若くてハンサムで優しい皇帝陛下。
「夜のボート」は絶品です。
愛月さん、余裕が出てきてちょっと崩れてきたかな?安定プラス余裕を希望。
今日のルドルフは澄輝さん。いい声ですやん。大人のルドルフでしたね。

Bパターンだけ見損ねた。東京で何とかしたいところ。


201606宙エリザ.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「ローマの休日」Aパターン [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「ローマの休日」Aパターン
2016年8月13日(土)16時半 梅田芸術劇場 1階前方センター


2回目、基本のAパターンの配役を見ることができました。
今回は、役替わりを中心に書きます・・って二人しかいませんが(笑)
しかも、映画通りなので、基本役作りは変わらない。
「役替わりで解釈が変わるわ!」とかのない作品ですね。

アーヴィング彩凪は、なかなか渋めのイイ男なカメラマン。うん、映画通り。
驚いたのは、マリオ月城。すごくはじけていて、こういう役もできるんだ!
彩凪さんの得意分野かと思ってましたが、まったく遜色なし。
まあ彩凪さんも月城さんも、背の高い美形なので、知らない人なら
役替わりしていても気づかないのでは?という感じです(作品がそうだから)

201608雪ローマ横.jpg



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | 次の10件 観劇感想(宝塚) ブログトップ