So-net無料ブログ作成
検索選択
観劇感想(その他) ブログトップ
前の10件 | -

劇団四季「ノートルダムの鐘」京都 [観劇感想(その他)]

劇団四季「ノートルダムの鐘」京都
2017年8月8日(火)京都劇場 1階J列上手

あまり得意ではない劇団四季です。が!
東京で見た友人から「見るべし!」と言われ見に行きました・・大正解!ありがとう!!
劇団四季で初めて感動したというか(大失礼ごめんなさい)素晴らしかった。
これは行って良かった。宝塚ファンでも衣装や美貌が気にならず感動できる
(重ねての失礼ごめんなさい) 
四季ファンから見たら「何言ってんの?」とお怒りを買いそうですが、
でも四季を見てこんなに感動したの初めてなんです。
「見るべし」とと言ってくれた友人に感謝。さすがわが友、私の好みを知ってる(笑)


ストーリー、いえ演出、役の解釈が良い。脚本が深い。
たった5名の役付きの方のお芝居、行間が見える素晴らしさ。
役が入った台詞回し(四季では大変珍しく感じる)、
相応の臨場感のある衣装、豪華な装置が大変効果的。

ということで、大絶賛です。





続きを読む


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

劇団四季「キャッツ」 [観劇感想(その他)]

劇団四季「キャッツ」
2017年7月15日(土)12時 大阪四季劇場 O列通路端 

あの有名なミュージカルですが、実は見たことが無かった。
今回誘われて見に行きました。
以下、宝塚OSKファンのたわ言なので、四季ファンの方は気にしないでください。
というか読まないでください。お願いします。ただの愚痴です。

私の感想、「これはショーだ。」

ミュージカルというからストーリーがあるのかと思ってたのですが、
これは宝塚でいえば「テーマのあるショー」ではないかと思いました。

ダンスと歌のレベルは大変高く、正確なステップ、大胆なリフト、美しい歌を
堪能しました。装置というか劇場の雰囲気は「ライオンキング」で味わった通り
「シルクドソレイユ」のような雰囲気。劇場中を使って観客を巻き込み、
猫たちが縦横無尽に走りまくる。歌もダンスもスピード感も、大変素晴らしい。
でも私のテンションは上がらない・・理由は分かっている。
衣装とメイク。全員、リアル猫なんだもん!!(当たり前)

ということで、私は華麗な衣装と美しいお顔が無いとテンションが上がらない
という歌劇体質にどっぷり嵌っているのが分かりました(笑)

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

松竹座「銀二貫」 [観劇感想(その他)]

松竹座「銀二貫」
2017年6月4日(日)16時 2階後方センター


「銀二貫」は大好きな小説。宝塚雪組での舞台化が大変よかったので
今回もちょっと期待していました。

が。「なんか違う。」という印象。全体的には「銀二貫」なのですが、
大事なテイストが変っているというか。なんだかモヤモヤしました。

ジャニーズJrの若手が何名か(4人?)出ているとかで、
会場には中高生に見える若い女の子がいっぱい。
客層がいつもの松竹座じゃない。
折角なら、原作の持つ良さを味わってほしかったなあ・・なんて思った。


(注意!)
原作読んだのだいぶん前で、本が手元になくちょいと記憶で書いてます。
違ったらごめんなさい。でも大幅に違ってないと思ってます。。
そして。宝塚ファンで、宝塚版を見ているのでかなり影響されてます。
そこんとこ考慮して読んでくださいね。



ジャニーズさんが映ってると、ポスター画像がどこにもないのね。
なんだかな~。貰ったチラシを撮影しました。

201706銀二貫p.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

日生劇場「グレート・ギャツビー」 [観劇感想(その他)]

日生劇場「グレート・ギャツビー」
2017年5月12日(金) 13時 1階K列上手


東京出張で時間が空いたので(って空けたんだけど)観劇です。
今回は日生劇場へ行きました。小池先生の「グレート・ギャツビー」見たことなくて。
主演は井上さんだし、これは見ておきたい!と思い、行ってきました。

大正解。行って良かった!小池作品の良さが生きている。
原作がしっかりしているのだろうけど、台詞が深くて、演出が効果的に映える。
なによりみんな芝居が上手くて、映画より良かった。
デカプリオの映画は見ているのに、ストーリー忘れていたくらい記憶に残ってない。
(豪華なパーティ場面と、ラストのプールの場面だけ覚えてた。私の記憶って・・)
今回初見のように、まったく意識をそらされるとなく見入ってしまった。
このあたり、原作ありの小池演出の真骨頂ではないかと思うのだわ。

私の中ではニック役の田代さんが素晴らしかった。もちろん井上さんも良かったけど、ストーリーはニック視点で動くから、観客はニックの感情と同化してしまう。井上さんは台詞にならない感情をしっかり表現されていて、観客はニックと同じように感じとることができた。お二人とも上手いわ。
そしてデイジーの夢咲さん。上手いときの夢咲さんだ!(嬉)
マートル蒼乃さんもジョーダンAKANEさん、トム広瀬さん、ジョージ畠中さん、マイヤー本間さん・・凄く印象的に上手かった。

今回はダンス場面が凄くたくさん入っていて、これも宝塚風味でしたが、男役(男?)が
カッコよく踊っていて、満足。宝塚よりキラキラ感は減少するものの、良い意味での男臭さが出ていて、私は好き。ダンスナンバーがゴージャスだから、この作品がもつゴージャス感が出ていいねえ。この人数でこの迫力。さすが実力派揃い(と言ってよいのですよね)

私は大変満足しました。大阪に来た時も見に行きたい!と思って帰ってきました。


201705グレートギャツビー.jpg

有名な話ですが、ネタバレあります。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

踊劇舎「ドラキュラ99」 [観劇感想(その他)]

踊劇舎「ドラキュラ99」
2017年4月22日(土)18時 一心寺シアター倶楽部  


チケットを頂いたので見に行きました。
初めてきいた~踊劇舎。そのとおり、踊りと劇だった。
なんか違和感あるなあ~と思ったら、歌が無いんだ!!
ストレートプレイにダンス・・・新しい世界だった。

私の感覚でいうと「ここは歌やん」っていう場面が結構あって(笑)
ダンスは凄かった。OSKレベルに踊る方がいて、見ごたえあり。
芝居は、説明台詞が多いのと、台詞がちょっとくどいこと。
台詞の通りが悪い人が何人かいたこと。
何より、男役が男に見えない。声も動作も男に見えない。
一番驚いたのが、男役の人が体型補正なし!体が女のまま。視覚的違和感。
動きも。やっぱり男役十年というのは真理なのだな、と実感したことですね。
装置も衣装もまあ・・・。プロの劇団じゃないし。照明がいい仕事してた。

主催者の趣旨と違ったらごめんなさいですが、宝塚OSKファンとしては、
こんな感想です。

201704ドラキュラ99表.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

東宝「フランケンシュタイン」梅田 [観劇感想(その他)]

東宝「フランケンシュタイン」
2017年2月3日(金)18時 梅田芸術劇場 2階5列センター

2月がとっても忙して、詳しく書けませんでした。
書かないと記憶が薄れるのに。で、今頃。(宙組も見れてない!)
結局、最初に(観劇後すぐ)書いていた分だけでもアップしときます。

***

歌が上手い!と私が思う方々が、オールダブルキャストで。
音月桂さん、濱田めぐみさんは好き。
中々面白そう~と思って、チケットを取りました。

主要キャスト全員、歌と芝居が上手くないと成立しない構成。
ちょっとしつこい場面もあったけど、面白かったわ!!

201702フランケンシュタイン.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

大阪城パラディオン~将星☆真田幸村~ [観劇感想(その他)]

「大阪城パラディオン~将星☆真田幸村~」
2016年12月11日(日) 11時 サンケイホールブリーゼ 1階後方センター



「紅に燃ゆる~真田幸村 紅蓮の奏乱」に、かなりかなり嵌っている。
私にとっての「幸村」は最初から悠浦さんだった。
そう、桜花さんの「幸村」は、イベントでしか見たことが無かったのである!
ふと思い立ち、桜花幸村を見るために、サンケイホールへ出かけたのでした。

やはり桜花さんは真ん中のスター。幸村は真ん中で輝く赤い星なのだ。
退団されても、全然変わりなく輝いておられるのが見事な方。
「真田幸村」という、絶望的な状況でも、周囲の人々を惹きつけ、士気高く
率いていける人物は、桜花さんがぴったりなのだと思った。
(もちろん悠浦さんもぴったりだと思います)

桜花さんの幸村は人外の存在で、そこは桜花さんらしく美しく存在していた。
ただ、私は人外の力で話を付けるのが、実はあまり好きではないので(好みの問題)
ストーリー的には、「うーん、なんだか・・・」もにょもにょと思ったのでした。

演出は、所々はやみ先生だあ~♪という個所があり、とても楽しかった。
でも登場人物全体がスターだからか、それぞれに歌舞伎張りの見せ場がある反面、
全体にスピード感が不足した印象。特に殺陣が。刀ではなく槍がメインだからかな。
やっぱり「突く」より「斬る」ほうが派手だものね。

太鼓は凄かった。太鼓技を見せていただき、堪能。すごい迫力。ひたすら感動。
太鼓のお兄さんお姐さん方も戦ってらっしゃいましたが、筋肉が凄いの!

という感じで、ストーリー的にあまり納得いかなかったけど、それ以外は
十分楽しめました。


201612パラディオン.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団☆新感線「Vamp Bamboo Burn!」梅田 [観劇感想(その他)]

劇団☆新感線「Vamp Bamboo Burn!」
2016年10月28日(金)12時 フェスティバルホール 3階4列センター

3時間25分。新感線はいつも長いが、今日も長かった。
休憩は20分なので実質3時間5分、アンコールがあったので、結局三時間半は越えた。

今回は、私の好みじゃない新感線だったな・・・シリアスとギャグの割合の話。
シリアス部分が少ない。そして何よりテーマがよく分からない。
見終わって「なんだったん・・・?」と思ってしまった。
部分部分は楽しいし笑えるのだが、3時間もの長編を見た割に
「作品が持つ伝えたいもの」が私にはわからなかった。

どうも宮藤さんの脚本は、私の好みではないようだ。
この作品、気に入ってる!良かった!という方は読まないほうがいいですよ。


201610VBB.jpg

終わってるけど、ネタバレあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

梅田芸術劇場「エリザベート」 [観劇感想(その他)]

東宝「エリザベート」
2016年9月24日(土) 梅田芸術劇場 12時30分 1階23列センター 


久しぶりの東宝エリザベート。
もともと宝塚ともウィーンとも違う、独自路線。
宝塚よりも大人向けで、暗い。ウィーンほど冷酷ではない。
・・そんなイメージでした。今回、超がつくほど久しぶりに見て
その認識は間違っていなかったことを実感。

しかしながら。そんなイメージがあった以前みた東宝エリザベートから、
装置も演出も場面も台詞も編曲もものすっごく変わっていました。
ちょっと冷酷さが増した?ウィーン版に近くなった印象(演出とかは全然違うけど)

宝塚版エリザベートを全曲歌える!という私には、違和感の連続。
まあこれは大変個人的な事情(笑)
同行の方々(宝塚は嫌いだけどミュージカルは見る)には好評でした。
私ひとり違和感にもぞもぞしていた。

前から思っていたけれど、「エリザベート」は宝塚版のほうが圧倒的に好き。
東宝版は暗すぎて、夢と愛がない・・・でもウィーンの原点はもっと暗く冷酷だし
愛に満ちた少女漫画のような宝塚版が異質なのでしょう。

201609エリザ.jpg


続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

帝国劇場「王家の紋章」 [観劇感想(その他)]

帝国劇場「王家の紋章」
2016年8月22日(月)18時 1階S列センター
2016年8月23日(火)13時 2階I列センター


台風の中、見に行きました。台風の中、満席でした。
ただ(私もそうですが)、チケットを購入した人が行けなくなり、
代わりに交通を確保できた人が見に来ているケースやキャンセル待ちが多く、
受付が大混雑。でも満席。ほんとに。
終演後のアンコールで、「台風の中、満席!!!」と出演者一同驚愕。
浦井さんが「お家に帰るまでが観劇です!」(客席爆笑)。続けて
「お怪我などされぬよう、気を付けてお帰り下さい!」とご挨拶ありました。

舞台はなかなか良かったです。
荻田先生らしい演出、リーヴァイ氏らしい音楽、少女漫画みたいな登場人物。
少女漫画の世界に必須の翻る衣装、長髪の『美形』男子。まあ見事に再現。
・・ほんと、これ宝塚歌劇のほうが似合うよね!~と思いました。
他にも、エジプトとヒッタイトの戦いの場面なども人数が少なく感じて、
あと60人ほど欲しいなあ・・なんて思ってしまうほど。
フィナーレにデュエットダンスも欲しいし、パレードは大階段を期待する。
もう完璧宝塚向き。宝塚で再演してほしいくらい。
宝塚を見て「これ東宝で上演されたら見たい」というのはあれど
東宝を見て「これ宝塚で上演してほしい」と思ったのは初めてかも。

原作は未完なので(たぶん)、ラストが今一つすっきりせず・・でした。
これはもう強引にラストを作ってくれてよかったのに>荻田先生。
それ以外は、原作で記憶しているエピソードが全部盛り込まれており、
原作読者としてもかなり満足。死ぬまでにラストが知りたいので、ここは
荻田先生に「仮ラスト」でいいから、作って見せてほしかったです!


以下、原作ありとはいえ、盛大にネタバレあります。

201608王家の紋章.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 観劇感想(その他) ブログトップ