So-net無料ブログ作成
観劇感想(その他) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

東宝「フランケンシュタイン」梅田 [観劇感想(その他)]

東宝「フランケンシュタイン」
2017年2月3日(金)18時 梅田芸術劇場 2階5列センター

2月がとっても忙して、詳しく書けませんでした。
書かないと記憶が薄れるのに。で、今頃。(宙組も見れてない!)
結局、最初に(観劇後すぐ)書いていた分だけでもアップしときます。

***

歌が上手い!と私が思う方々が、オールダブルキャストで。
音月桂さん、濱田めぐみさんは好き。
中々面白そう~と思って、チケットを取りました。

主要キャスト全員、歌と芝居が上手くないと成立しない構成。
ちょっとしつこい場面もあったけど、面白かったわ!!

201702フランケンシュタイン.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

大阪城パラディオン~将星☆真田幸村~ [観劇感想(その他)]

「大阪城パラディオン~将星☆真田幸村~」
2016年12月11日(日) 11時 サンケイホールブリーゼ 1階後方センター



「紅に燃ゆる~真田幸村 紅蓮の奏乱」に、かなりかなり嵌っている。
私にとっての「幸村」は最初から悠浦さんだった。
そう、桜花さんの「幸村」は、イベントでしか見たことが無かったのである!
ふと思い立ち、桜花幸村を見るために、サンケイホールへ出かけたのでした。

やはり桜花さんは真ん中のスター。幸村は真ん中で輝く赤い星なのだ。
退団されても、全然変わりなく輝いておられるのが見事な方。
「真田幸村」という、絶望的な状況でも、周囲の人々を惹きつけ、士気高く
率いていける人物は、桜花さんがぴったりなのだと思った。
(もちろん悠浦さんもぴったりだと思います)

桜花さんの幸村は人外の存在で、そこは桜花さんらしく美しく存在していた。
ただ、私は人外の力で話を付けるのが、実はあまり好きではないので(好みの問題)
ストーリー的には、「うーん、なんだか・・・」もにょもにょと思ったのでした。

演出は、所々はやみ先生だあ~♪という個所があり、とても楽しかった。
でも登場人物全体がスターだからか、それぞれに歌舞伎張りの見せ場がある反面、
全体にスピード感が不足した印象。特に殺陣が。刀ではなく槍がメインだからかな。
やっぱり「突く」より「斬る」ほうが派手だものね。

太鼓は凄かった。太鼓技を見せていただき、堪能。すごい迫力。ひたすら感動。
太鼓のお兄さんお姐さん方も戦ってらっしゃいましたが、筋肉が凄いの!

という感じで、ストーリー的にあまり納得いかなかったけど、それ以外は
十分楽しめました。


201612パラディオン.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団☆新感線「Vamp Bamboo Burn!」梅田 [観劇感想(その他)]

劇団☆新感線「Vamp Bamboo Burn!」
2016年10月28日(金)12時 フェスティバルホール 3階4列センター

3時間25分。新感線はいつも長いが、今日も長かった。
休憩は20分なので実質3時間5分、アンコールがあったので、結局三時間半は越えた。

今回は、私の好みじゃない新感線だったな・・・シリアスとギャグの割合の話。
シリアス部分が少ない。そして何よりテーマがよく分からない。
見終わって「なんだったん・・・?」と思ってしまった。
部分部分は楽しいし笑えるのだが、3時間もの長編を見た割に
「作品が持つ伝えたいもの」が私にはわからなかった。

どうも宮藤さんの脚本は、私の好みではないようだ。
この作品、気に入ってる!良かった!という方は読まないほうがいいですよ。


201610VBB.jpg

終わってるけど、ネタバレあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

梅田芸術劇場「エリザベート」 [観劇感想(その他)]

東宝「エリザベート」
2016年9月24日(土) 梅田芸術劇場 12時30分 1階23列センター 


久しぶりの東宝エリザベート。
もともと宝塚ともウィーンとも違う、独自路線。
宝塚よりも大人向けで、暗い。ウィーンほど冷酷ではない。
・・そんなイメージでした。今回、超がつくほど久しぶりに見て
その認識は間違っていなかったことを実感。

しかしながら。そんなイメージがあった以前みた東宝エリザベートから、
装置も演出も場面も台詞も編曲もものすっごく変わっていました。
ちょっと冷酷さが増した?ウィーン版に近くなった印象(演出とかは全然違うけど)

宝塚版エリザベートを全曲歌える!という私には、違和感の連続。
まあこれは大変個人的な事情(笑)
同行の方々(宝塚は嫌いだけどミュージカルは見る)には好評でした。
私ひとり違和感にもぞもぞしていた。

前から思っていたけれど、「エリザベート」は宝塚版のほうが圧倒的に好き。
東宝版は暗すぎて、夢と愛がない・・・でもウィーンの原点はもっと暗く冷酷だし
愛に満ちた少女漫画のような宝塚版が異質なのでしょう。

201609エリザ.jpg


続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

帝国劇場「王家の紋章」 [観劇感想(その他)]

帝国劇場「王家の紋章」
2016年8月22日(月)18時 1階S列センター
2016年8月23日(火)13時 2階I列センター


台風の中、見に行きました。台風の中、満席でした。
ただ(私もそうですが)、チケットを購入した人が行けなくなり、
代わりに交通を確保できた人が見に来ているケースやキャンセル待ちが多く、
受付が大混雑。でも満席。ほんとに。
終演後のアンコールで、「台風の中、満席!!!」と出演者一同驚愕。
浦井さんが「お家に帰るまでが観劇です!」(客席爆笑)。続けて
「お怪我などされぬよう、気を付けてお帰り下さい!」とご挨拶ありました。

舞台はなかなか良かったです。
荻田先生らしい演出、リーヴァイ氏らしい音楽、少女漫画みたいな登場人物。
少女漫画の世界に必須の翻る衣装、長髪の『美形』男子。まあ見事に再現。
・・ほんと、これ宝塚歌劇のほうが似合うよね!~と思いました。
他にも、エジプトとヒッタイトの戦いの場面なども人数が少なく感じて、
あと60人ほど欲しいなあ・・なんて思ってしまうほど。
フィナーレにデュエットダンスも欲しいし、パレードは大階段を期待する。
もう完璧宝塚向き。宝塚で再演してほしいくらい。
宝塚を見て「これ東宝で上演されたら見たい」というのはあれど
東宝を見て「これ宝塚で上演してほしい」と思ったのは初めてかも。

原作は未完なので(たぶん)、ラストが今一つすっきりせず・・でした。
これはもう強引にラストを作ってくれてよかったのに>荻田先生。
それ以外は、原作で記憶しているエピソードが全部盛り込まれており、
原作読者としてもかなり満足。死ぬまでにラストが知りたいので、ここは
荻田先生に「仮ラスト」でいいから、作って見せてほしかったです!


以下、原作ありとはいえ、盛大にネタバレあります。

201608王家の紋章.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

新歌舞伎座「だいこん役者」 [観劇感想(その他)]

ちょっとアップ順が前後してしまいました。

新歌舞伎座「だいこん役者」
2016年7月18日(月祝) 3階後方センター


近所の劇場でやってた「だいこん役者」、ジャニーズファンの娘が行きたいと
久しぶりに言ってきたので、行ってみた。当然3階席だ。

藤山直美はさすがの安定感、この人の芝居はいいわあ。面白くてほろりと来る。
相手役の大杉漣。この人は初めて見たけど、うまかった。
トップコンビの芝居が上手い!さらに脇もきっちり固めている。
脚本が練ってあったので、かなり楽しめた。

舞台転換が遅いとか、セットが書き割りで今一つだとか、装置が使えてないとか、
そういうのは「新歌舞伎座やもんな」ということで済ますしかない。
それ以外は、長かったけど、楽しかった。

201607だいこん役者.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「1789~バスティーユの恋人たち」梅田初日 [観劇感想(その他)]

「1789~バスティーユの恋人たち」
2016年5月21日(土)17時 梅田芸術劇場 3階6列サブセンター


とてもよい!という評判だったので、何とかして見に行きました。
大阪初日です。

いや本当によかった!!同じタイトルの作品を過去宝塚で見たことがあり、
そのとき感じた違和感の正体が判明、今回は素晴らしく嵌っている!
これはもともと宝塚向きじゃなかったんだ・・東宝ミュージカル向きなのよ。
と思いました。ダンスも歌も素晴らしかったし、演出も衣装も小池先生らしく。
大変満足しました。もう1回(どころか2回も3回も、全キャスト)みたい!!!
と帰路、心の中で絶叫しました。

201605-1789.jpg

ネタばれあります。盛大に。



続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

京都先斗町「鴨川をどり」 [観劇感想(その他)]

京都先斗町 鴨川をどり
2016年5月11日(水) 14:20~ 普通席2300円+お茶席700円


今年は先斗町の「鴨川をどり」に行きました。
4月に祇園の「都をどり」の前を通りがかった際のあまりの人の多さにめげ、
そうだ!先斗町もやってたぞ~と思い出し、雨の降る寒い日にわざわざ行きました。
ま、仕事帰りですが。

雨の先斗町でも人がいっぱい。あの細い路が。そして外人がいっぱい。
白人さんが多い。小雨の中、おそるおそる先斗町のお店でお昼を食べ、
そして2階の桟敷から見ました。(一度桟敷って座ってみたかった!)
1部は『源氏物語』から「葵」、2部は東下りという物見遊山風のちょっと笑えるショー
要素が強いもの。どちらもストーリー性が高くて、面白かったです。
今回、私には(全然別件で)忘れられない観劇になりました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団☆新感線「乱鶯」大阪 [観劇感想(その他)]

劇団☆新感線「乱鶯」
2016年4月25日(月)13:30-16:45 梅田芸術劇場 2階5列センター


感想をアップするのが前後してしまいました。観劇で忙しく、途中で放置状態。
宝塚「ME AND MY GIRL」とOSK「春のおどり」の前に見てました。
ではここから。上の二つを見る前に書いたまま、アップしますね。


久々に新感線を見てきました。脚本が外の方のようで、私が思う「いつもの」新感線とは
違う感じがしました。スピードが無い。説明がしっかりしている反面、台詞が多くて少々長い。
特に1幕は物語の前提の説明のような雰囲気で、大層ゆっくりしていた。
その代わり登場人物の置かれた状況や心境がじっくりと味わえる。

2幕はやっと物語が進み始め、急展開・・と思いきや、簡単には進まない。
スピーディじゃないけど2幕は物事が動いたので、ドキドキしながら見ていた。
台詞が思いのかも。いつもの流れるような台詞の応酬ではなく、じっくりと語りながら
進むような、そんな印象。
全体を通して、これは「鶯の重三郎」という男の心理劇。彼以外も主要な登場人物の心理は
とってもとっても丁寧に書き込んであり、台詞にならない心境がしっかり見て取れました。
これは凄いなあと思う。役者の演技力が必要そう。行間の心理が大変細やかでした。

物語自体は大変暗い。救いようが無いように見えるほどの暗さ。
でもなぜかハッピーエンドなのだと感じた。不思議な感覚。

以下ネタばれあります。

20160425乱れ鶯.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

新歌舞伎座「仲道郁代&川井郁子with 中丸三千繪」 [観劇感想(その他)]

新歌舞伎座「仲道郁代&川井郁子with 中丸三千繪」
2016年1月29日(金)18:30 2階6列センター


それぞれの道のプロの女性が競演するというクラシックコンサート。
新歌舞伎座では年末に多いのですが、1月末に珍しい。近所なので行って来ました。
(いま夢中の「古武道」もこういう軽い気持ちで知ったんですよね)

トークは大変おとなしい目ですが、音楽はさすがです。
ピアノ、ヴァイオリン、ソプラノ、2時間弱ですが、どの曲も素晴らしかった。
いい時間をすごせたなあ・・という気分です。

20160129__ 2p.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | 次の10件 観劇感想(その他) ブログトップ