So-net無料ブログ作成

OSK「三銃士 La seconde」 [観劇感想(OSK)]

OSK「三銃士 La seconde」
2018年3月1日(木)18時30分 大丸心斎橋劇場 


OSKの三銃士を見てきました。
基本は原作本通り。1幕は少年少女文庫で読んだようなストーリーに忠実。
だから1幕終わって、「終わってしまったやん・・・?」と思った。
ダルタニアンと三銃士が活躍する冒険活劇のような「王妃の首飾り」編。
そして2幕は「アトスとミレディ」編って感じ。2幕の主役はこの二人だ。
さらに2幕の最後に「そして十年後」編がついてる。隊長ダルタニアン主役。
全部で3話構成?

人物は、はしっこまで役が付いていて、役割がきちんとあって、とても良い。
そこはさすがはやみ先生。でも今回は脚本がいつもの精彩を欠くような気がした。
話が3つも入っているからですよね。主役がぶれちゃったような気分。
ともあれ、ダルタニアン&コンスタンス、アトス&ミレディ、
王妃&バッキンガム公爵&ルイ13世 という関係はとても面白かった。

個人的には、アトスとバッキンガム公爵が、とてもかっこよくて素敵で惚れた。


201802三銃士isyou.jpg

ネタばれあります。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星組DC「ドクトル・ジバゴ」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組DC「ドクトル・ジバゴ
2018年2月5日(月)12時 ドラマシティ 15列上手

星組ドラマシティ公演はロシアもの、時代は宙組大劇場「神々の土地」と同じ。
革命前夜から革命後までの激動の時代を描く。だからとても暗い。
「神々の」はまだ皇帝に近い貴族社会が舞台だったので、華やかに美しい場面が多くて
宝塚らしい豪華さは味わえたけれど、
「ジバゴ」は貴族とはいえ民衆に近い地位の方と革命家、逃亡先の地方が舞台なので、
大変に地味。ロシアものといえば、後者のほうが正統派なのだろうな。
でも見ると重すぎて精神的に疲れるので、2回続けては絶対に見られない(私には)。

それほどに、星組さんの熱演を見た。芝居時代はしっかりしていて良かった。
歌もうまかった。聴かせる歌。主役はまあ置いといて、ヒロインと敵役。
だからこそ重苦しくなるほどの重圧を感じたのだなあ・・星組さん、やるな~

201802星ジバゴ.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

BSP「新選組 宵ノ章」 [観劇感想(その他)]

BSP「新選組 宵ノ章」
2018年1月24日(水) 19時 大阪グランフロント・ナレッジシアター  段上がり下手



先日見に行って「嵌りそう~」と思ったブルーシャトルプロデュース。
後半の2話『新選組~宵ノ章』を見てきました。

嵌る。これは「暁ノ章」と「宵ノ章」の両方を見なければ、価値半減だと思う。
綿密に計算された舞台構成、観客は記憶力を駆使して、
場面とセリフと人物の動きを脳内に記憶しておく。
次の話には、同じ場面を違う人物から見た構図で再現される・・
いえ、場面が積み重ねられていく。私は全感覚を研ぎ澄まして記憶する。
4話全部記憶していれば、面白さが4倍になる。間違いない。

初めて見た劇団にも関わらず、役者を全く知らなくても登場人物がすぐにわかる。
きっと役者が観客に見分けがつくよう工夫をしているんだろうな。だから戸惑わない。
鏡の動きの美しさ。殺陣のスピード感。もう感動するしかない。
息を止めてみていたような気分。本当に素晴らしかった。

計算し尽くされた緻密な脚本と演出、寸分たがわず演じて魅せる役者の技量。
これは私の好み、ものすごく好み。嵌る、間違いなく。
帰りに過去作のDVD買ってしまったくらいよ。
これからしばらく過去作を見るに違いない。
あまり数がないのが救いなのか残念なのか。
これからの味わう「感動」を思うと、ワクワクしてます。

201801BSP新選組 裏.jpg


続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「ポーの一族」新人公演 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「ポーの一族」新人公演
2018年1月23日(火) 18時 宝塚大劇場 2階6列

正月早々花組「ポーの一族」を見て、すぐに単行本を読み返し、
この間出たという新刊も買って読んで臨んだ2回目、さらに感動。
チケットがあれば通ったに違いない公演です。
そして今日、新人公演を見ることができました。

90分のダイジェスト版ですが、2幕をほぼ全部上演した感じ。
やっぱり1幕って説明なんだ…と実感した。2幕がメイン。
演者が変わるといろいろ違いも出てきて、新たなニュアンスを楽しみ、
普通に見ていたことが実は難しかったの!?と改めて実感し。

若手さんの実力を拝見して成長を愛でつつ(宝塚の醍醐味)
本役の上級生の実力を感じて成長を喜び(長年見てる醍醐味)、
次に注目する生徒さんを探したり、と大変楽しかったです。

20180123花新人公演.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

BSP「新選組 暁ノ章」 [観劇感想(その他)]

BSP「新選組 暁ノ章」
2018年1月21日(日) 12時 ナレッジシアター(グランフロント大阪)下手前方


ちょっとご縁があって、初めてブルーシャトルの公演を見に行きました。
存在を全然知らなかったのですが、教えてもらってからYOU TUBEなどで見てみると、
OSK風な感じ(時代劇だけどちょっと異次元風の衣装とセリフ回し)
さらにダンス総踊りがとってもかっこよくて!これは見に行くべし!と行きました。

行ってよかった!!面白かった。出演者全員が男性! いつも見ている宝塚OSKの逆。
女性だけの劇団だって「男」役が主役だし、男役ばかりの演目もあるくらいなので、
登場人物の9割以上が男性でも違和感なし。男性の群舞は迫力があるし、
何より皆様とってもイケメン揃い!!いまの若い男性は、女性が演じているのかと
思うほど美しいですねえ。何度か「実は女性の男役?」と思ったくらいの麗しさ。
「女性が演じる理想の男性」好きの私が見ても嵌りそう。

これは次の公演から、見逃したくない劇団入り。
・・・ああまた一つ世界が広がってしまった。

201801BSP新選組3.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「ポーの一族」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「ポーの一族」
2018年1月3日(水)11時 1階25列センター


今年最初の観劇は宝塚。ポーの一族。少女のころ愛読した名作。
愛蔵版が実家においたままだが、内容はほぼ覚えている。

今日見て・・原作のイメージ通りでとっても良かった。
エドガーもアランもメリーベルも原作のまま。
エドガーの実写率は素晴らしい!!驚異的な再現度。
歌も最高に聞かせてくれて、改めて明日海さんの実力と魅了を思い知った。
適材適所の素晴らしいキャスティング、大変高価そうな美しい背景映像、
豪華で原作の雰囲気のあるセット、原作通りのデザインの古風で豪華な衣装。
それに私の好きな小池先生らしい盛り上がる演出。かっこいいフィナーレ。

良かった!もう一度見たい。見る。
これチケットあったら、絶対通うわ。今日も立ち見いっぱい!

201801花ポー.jpg


ネタばれあります。いつものことながら勝手な私の解釈感想も。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:演劇

新年のご挨拶 [歌劇な雑文]

新年のご挨拶
2018年1月1日(月祝) 

新年あけましておめでとうございます。
昨年もたくさん観劇したくさん書きました。私の観劇感想にお付き合いいただき、ありがとうございました。今年もたっぷり見に行きたい・・・劇場に通えるよう元気で、劇場に通えるようお仕事も頑張って稼いで、劇場に通える時間を作り出して、悔いのないよう観劇したいと思います。・・まあ贅沢!
今年も一年どうぞよろしければお付き合いくださいませ。

(パソコンの調子悪くて2日になってしまいましたが・・プリンターが2台とも故障して年末キャノンさんとリコーさんに来てもらい大変でしたっ。どちらも年内に治って帰ってきました~予備で2台持ってたのに2台ともいっぺんにって・・・リコーさんキャノンさんありがとう。そしてがんばれNECのパソコン!)



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

新歌舞伎座「キエフ国立フィルハーモニー交響楽団「第九」」 [観劇感想(その他)]

新歌舞伎座「キエフ国立フィルハーモニー交響楽団「第九」」
2017年12月27日(水) 新歌舞伎座 14時 1階上手前方


今年最後の劇場は、やはり新歌舞伎座。
新歌舞伎座では毎年年末に毎日日替わりでいろいろなコンサートがあり、その一つが「第九」。毎年やってるけど、行ったのは初めて。平日・・というより、仕事納め日に当たることが多くいけなかった。今年初めて行けました!

お芝居用の劇場だから、音響はいまいち・・だけど、やっぱり生のフルオーケストラは良いですね~迫力があるし、第九だから合唱がすごい。ソリストもいて後ろの合唱団も大人数で、とても迫力のある第九を今年の聞き納めにできました。

201712第九.jpg



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

新歌舞伎座「古武道- 忘年会「師走の協奏曲」vol.9」2017 [観劇感想(その他)]

新歌舞伎座「古武道- 忘年会「師走の協奏曲」vol.9」2017
2017年12月23日(土)15時 2階3列センター


天皇誕生日恒例の古武道の忘年会に行きました。
古武道はいつも音(音楽)の美しさ素晴らしさを思い出させてくれます。毎回「ちゃんとピアノ続けておけばよかった」とか「尺八を習ってみたい」と思います(思うだけ)。
今年のゲストは和太鼓のTAKUYAと歌手のKONISHIKI、とても豪華でした。

和太鼓は古武道に合いますねー。異なる業界の楽器がなんとしっくりくることか。
津軽三味線の時も思ったけど、和楽器をプラスするほうが合うのかな?
和楽器は調和しやすいのかな。
洋楽器が加わったところを見てないや・・今度サックスなんかを入れてみてほしいな。

皆さん第1級のプロだから、自分の役割をしっかり果たされる。だからメインとなるパートでは流麗に力強く聞かせてくるけど、そうじゃないところは周りと調和をするように抑える。とてもうまくきれいに抑えて調和させる。歌が来るとやはり歌がメインになるので、演奏は伴奏になるように思える。いいんだけど、音が豪華すぎてもったいない気もするほど。ま、前半(1部)は全部3人の演奏だったので、堪能した後だからいいよの。いつまででも堪能できる演奏ですけど。

201712古武道2.jpg

↑結局、終わって外に出たら5:40だった。こにちゃん・・・

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

宝塚「タカラヅカ・スペシャル2017」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚「タカラヅカ・スペシャル2017」
2017年12月21日(木)14時 1階16列上手


久しぶりにタカラヅカスペシャルを見ることができました。
良いお席で、各組のスターさんを堪能できました。・・といいつつ、実はあまりにスターがいっぱいで目が足りない状態(当然ですね)
一年を振り返り&パリ・レビュー90周年ということで、とてもオーソドックスな構成になっていて、上品にまとめてあり、落ち着いて楽しく見てました。みんな歌うまいのも嬉しい。
私の知ってる懐かしい曲が多くて、楽しかったわ~。
しかし・・轟さん、もう真ん中に立つのはよそうよ~って思いました。

201712タカスぺ.jpg



今回のはレポでもなんでもなく、いつもより更に「私が思ったこと」です。意味はない・・です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇