So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

東大寺本坊「花咲く庭園Ⅱ」 [観劇感想(その他)]

東大寺本坊「花咲く庭園Ⅱ」
2018年8月12日(日) 東大寺 本坊 17時 


なら燈花会という催しがある。お盆期間の10日ほど、奈良公園から東大寺、春日大社、興福寺あたりの全域にろうそくを立て燈花を楽しむのだ。お盆行事だけど、市民行事であり宗教行事ではない。東大寺も春日大社も行事に合わせ1日ずつ参加しているけどね。

毎年行っていて、いつもは奈良国立博物館を見て日が落ちたころ外に・・というパターンでしたが、今年はあまり興味をひかれる展示ではなく、探したところ東大寺 本坊音楽の調べ というがあり、12日にバロックのコンサートがあるというので行くことにしました。

お寺でバロック音楽、座席は「座布団席」とある。
蓮の池と若草山を背景にした座敷にチェンバロがどーんとそびえ、客席?には座布団。
大変珍しい環境でのコンサートでした。
中身は、音響がまあ・・でしたが、異空間でソプラノとバス、美しいチェンバロを堪能しました。イタリア語で歌詞は全く分からなかったけれど、解説もつけてくれ2時間、日が暮れるまでイタリア歌曲を楽しみました。

20180東大寺.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

新歌舞伎座「石井竜也2018コンサートツアー 陣」 [観劇感想(その他)]

新歌舞伎座「石井竜也2018コンサートツアー 陣」
2018年8月11日(土)16時30分 2階2列センター


ポスターがかっこよくて見てみたくなりました。
で、近所なので行ってきました。
1幕お芝居、2幕オンステージ。
そこで気付いた。「コンサート」だったのね。
お芝居に期待してはあかんのだ。歌は堪能した。だからいいのだ。
うっかりいつものお芝居&ショーの気分で見に行ったら、全然違った。
芝居や歌劇・ミュージカル好きには、あまりお勧めしない。
これはコンサートなの、だから歌を楽しむものなのだ。
歌はたくさん歌ってくれて、声もいいし衣装もよくて楽しめました。

201808陣.jpg




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星組「WEST SIDE STORY」梅田 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組「WEST SIDE STORY」
2018年8月7日(火)梅田芸術劇場 16:30 1階6列センター


ウェストサイドストーリーは1998年月組を見まくって以来。
1999年星組も見たけど。月組版を何度も何度も見た。
やっぱり、映像がなくても記憶に残ってるなあと実感。
演出の縛りが厳しいと当時から聞いていたけど、まったく変わってないような気がする。
見ている側(私)の経験と年齢が上がったから、色々感じることが変わった。
当時からあのラストシーンは、「ええ!」だったけど、やっぱり今回も「ええ!」だ。

この物語、ベルナルドとアニータが印象的。
過去版でもこの2役がとても印象に残ってる。
今回も、愛月さんと桜木さん、とてもかっこよかった!


この物語自体があまり好きじゃないので、絶賛の方はお読みにならないくださいね。
お盆って意外と忙しくて、書けない。

201808星WSS.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSKレビューカフェ華月奏「シャンソン」 [観劇感想(OSK)]

OSKレビューカフェ華月奏「シャンソン」
2018年8月3日(金)14時 初日 セントラファエロチャペル御堂筋


久々のレビューカフェに行きました。
会場につくまでが暑くて・・駅から近い会場でよかった。

タイトルがあったと思うけど、ポスターに書いてなくてわからない。
内容はオール・シャンソンだった。選曲、構成演出が良かった。
衣装もお洒落で可愛くて、素敵。今回はセンスが良くて嬉しい!
華月さんの歌はまた格段と上手くなっていて、落ち着きと安定が感じられ頼もしい。
椿さんは背が高くて押し出しがイイ、歌も歌えるし堂々とかっこいい、
麗羅さんは軽やかに踊り、穂香さんは可愛く、有絢さんはさらに可愛く。
なかなか素敵なショーを見せてもらいました。本当に「ショー」という感じ。
トークも少なめ、途切れることなく場面が変わっていくショー。
知っている曲が多かったんだけど、すっかり忘れた。


201807カフェ華月シャンソン.jpg



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

BSP「零式艦上戦闘機」 [観劇感想(その他)]

BSP「零式艦上戦闘機」
2018年7月21日(土)11時 グランフロント大阪ナレッジシアター 


前回「新選組」を見て感動し、次の公演も見に行こう!と心に決めて、
無料メールサービスに登録した。
案内が来たので、次の公演も見に行ってきました。

今回もすごかった。衣装は一種類、セットと装置もなし。小道具すらほとんどない。
使うのは人間の肉体と照明だけ。
それだけで、飛行機(ゼロ戦))の開発から空中戦、艦隊を使った戦争まで表現してくれた。
驚きました!ここまで人間の肉体だけで表現できるんだって。
若い男性だけなのに、小道具も衣装もメイクもなしに、老人を表現。
演技力というより表現力が素晴らしい。
ダンスは変わらず、すごいレベルで踊り倒してました。
DVDも欲しいけど、やっぱり生の舞台が一番、良さを味わえると思う劇団です。


201807BSPzero.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSK「REVUE JAPAN〜GEISHA&SAMURAI」 [観劇感想(OSK)]

OSK「REVUE JAPAN〜GEISHA&SAMURAI」
2018年7月18日&19日 20時 角座


やっと時間ができていける!となったら、なんと千秋楽。
18日が天輝さんが「侍役」の千秋楽、19日が登堂さん「侍役」&全体の千秋楽。
どちらも見れてよかった。

内容は1月に見た虹架さんバージョンと、まったく同じ。
さくらさくらの舞い踊り、侍と蜘蛛女の闘い、連獅子の毛振り。
でも全然印象が違った。

演者の力量、出演者のバランス、そういうものが、翼チームのほうが私好み。
侍も、赤侍の天輝さんと青侍の登堂さんが全然違っていて、役替わりも楽しめた。
千咲さんの蜘蛛女も素晴らしい!妖しい色香と演技力。悲哀すら感じる妖艶な美しさ。
侍が(ふたりとも)背が高くて美しく押し出しがあるから、小柄で美しい千咲さんとのバランスが素晴らしく良かった。絵になるっていうのかな。
翼さんの連獅子も迫力があって、双子のちょうちょも愛らしく、歌舞伎の一幕を見た気分になれた。
外国人のお客さんも結構たくさん入っていて、楽しんでいらしたみたい。
日本人も観光で見たら楽しかろうて!って思えました。

結構受けていたので、継続して道頓堀名物にしてほしかったですね。
本当は内容はもうちょっと・・考え直してほしいけど。
芸者(花魁)の衣装をもっと豪華に、侍は一人ではなく、立ち回りを。
一番最初のレビュージャパンは、折原さんの花魁とたくさんの禿たち、
真田幸村と霧隠歳三の壮絶な十数人の殺陣があり、すごく豪華だったから。


201804レビュージャパン翼.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSK「LARIMAR~海風にのって~」 [観劇感想(OSK)]

OSK「LARIMAR~海風にのって~」
2018年7月18日(水) 17時 角座 


OSK角座公演、ラストに怒涛の如く行きました。
時間ができる時期が間に合ってよかった・・

翼さんは素晴らしく大きく成長されていて、貫禄と押し出しがつき
4か月もの座長公演が大きな経験になっていたように感じました。
ラリマーとレビュー・ジャパン(役替わり)の3つを見ての感想。

「ラリマー」は南国の海をイメージした公演で、とても夏らしい。
南国リゾートの気分。この公演CDは海外のリゾートホテル(海岸)で聞きたい。

とにかく歌。歌が素晴らしかった。
主演の翼さん、千咲さんは素晴らしく良い声で綺麗な歌を聞かせてくれるし
天輝さん、登堂さんも歌はとても良い。
柚咲さん、雪妃さんも歌の人。渚さんもこのメンバーで違和感なし。
全体的にゆったりした歌が多かったので、似た感じになってしまったかな。
贅沢言えば、もうちょっと場面にメリハリあるともっと良かった。
私は前回のショーのほうが好き。
ともあれ、満足だ。翼さんこの4か月でかなり成長されましたね。


201806翼南国.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「メサイア/Beautiful Garden」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「メサイア/Beautiful Garden」
2018年7月17日(火)13時 1階28列センター


「メサイア」は私にとって原田先生史上最高傑作!だと思った。
ストーリーがしっかりしていて、二番手の比重も重く、それのみならず
たくさんの人物が生きていて、複雑に物語を構成していく。
大勢の人物をしっかりと使っている。人間模様を描いている。
素晴らしい!

原田先生ばかり褒めましたが、それをしっかりと紡ぎあげたのは
明日海さんの力が大きいと思う。すごい求心力を感じた。
天草四郎はこれでなくっちゃ物語が成立しない。
比重の大きな二番手リノの柚香さんも、大変良くなった。
瀬戸さん、鳳月さん、水美さん、というスタークラスだけでなく、
亜蓮さん、飛龍さん、綺城さんといった若手クラスも
専科さん、組長さん、天真さんというおじ様クラスも、
見事に適材適所。みんな自然な(物語に必要な)見せ場があった。
まあ女性の役があまりなかったのが残念だけど
そこまで言うのは欲張りというものか。

主人公以外の人物がこんなに生きていたのは初めてなので、
素晴らしく良かった。原田先生、すごいよ~こういうの好き。

ショーは、構成が雪組の「Super Voyage!」に似ていて、
なんか「花組版」を見た気分。もちろんトップと組の持ち味に沿って
創られているから全然違うんだけど、構成が似ているのでそう感じただけ。
ただどちらも似合っているので、いっそ各組回って作ってみてほしい。
私はこのタイプの野口ショーは好きなので、このショーも気に入った!

201807花メサイア.jpg

ネタバレあります。

続きを読む


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組「THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~」
2018年7月2日(火)18:30 梅田ドラマシティ 14列センター


初演は見てない。しばらく宝塚をお休みしていた時期だから。
初めて見て、植田景子先生 渾身の作品だと思った。
主役の月城さんが出ずっぱり、
劇団員が演じるフィッツジェラルドの舞台という二重構造。
ラストシーン直前までフィッツジェラルドの世界が展開し、
プロローグとエピローグだけが、劇団員TUSKISHIROになる。
そして彼が作家のごとく、フィッツジェラルドの最期を創造し演じて終わる。
舞台装置などもかなり計算された動きをしている。
なんて凝った作りなの!ものすごい脚本だなあと感動した。
景子先生、学生時代フィッツジェラルド研究してた?とか思うほど。
そして並外れた主役の比重の重さに驚き、
それを存在感をもって的確に演じた月城さんにも感動した。

楽しかった!で終わらない作品。
見終わったあと色々考えさせられる文学性の高い作品だったと思う。
月城さんは初主演の「銀二貫」も文学性が高い作品だったし、あれも大変に感動した。
文学性が高い芝居に向いている役者さんですね。芝居が深い。


201807月ラストパーティ.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「凱旋門/GATO BONITO!!」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「凱旋門/GATO BONITO!!」
2018年6月26日(火)13時 2階11列
2018年7月5日(木)15時 1階2列


やっとやっと見に行けた雪組。お芝居はシリアス、ショーは陽気で楽しい!

18年ぶりの凱旋門。前回は成瀬さんが出演されていた事もあり通い倒した。
古いフランス映画のような雰囲気、第2時世界大戦中の重苦しい空気、大人の男と女の哀しいロマンス、下宿先のホテルに集まる帰る場所のない人々の人生。キャスティングが嵌っていたので、何度も見た。ただ重苦しい話だったので、1日2回見るのはきつかった記憶がある(ショーが先でお芝居が後だったから)。

今回、作品に対するイメージはそのまま。脚本は良い、演出は効果的で美しいダンス、音楽は素晴らしい。新しいキャストも良かった。ただ轟さんのうえにだけ年月が過ぎていて(いやもちろん私にもだけど)それが辛かった。誰が企画したのか知らないけど、轟さんに対する違和感が拭えない限り、初演は超えられないと思う。初演は素晴らしかった、たからそのままにしておいて欲しかった。

ショーは一転、とっても賑やかに華やか。戦時下の暗いフランスでの鬱屈を吹き飛ばすような、明るいラテンの情熱。猫がテーマだけどおちゃらけてない。
組み合わせとしては良いと思う。ショー単体で言えば、ちょっと賑やかすぎかも・・でもゴチャゴチャしてないし、いろんな人が活躍しててメリハリあって、陽気で楽しくて!!
客席降りがあってもいい構成なのに。なんでないの?ってくらい楽しい。
やっぱりショーで楽しい気分で帰りたいわ!

201806雪凱旋門.jpg


18年前に通ってた公演なので、記憶が蘇り大変な長文になりました・・にゃー
年寄りなので初演と比べての感想がかなりあるので、嫌な方は見ないで下さいね。
初演は青春時代なのだ。青春の思い出は美化されるものだから。


続きを読む


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -