So-net無料ブログ作成

宝塚雪組バウ「PR×PRince」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組バウ「PR×PRince」
2019年4月2日(火)11時 10列上手


雪組の半分を見に行きました。暗くて重厚な作品が続いたから、2つに分かれた二つともが、明るく軽く楽しいコメディ!いいねえ。気分が変わってリフレッシュしたよう(私の感覚)。

楽しい!結構良い脚本やん~デビュー作は思い入れがありすぎて、重い作品になりがちだけど、これは軽い。ほんっと少女漫画みたいなハッピーコメディ。現代要素が入りすぎだから、数年たったら古くなりそうだけど、今はすっごく楽しかった。

永久輝さん、白い王子様の衣装が似合いすぎ!素晴らしくカッコよかった。凛々しい黒髪のイメージがあったけど、金髪も意外に似合う。本当に主役!の王道です。綾さんと彩海さんの王子様達も素敵で、王様王妃様のキャラが楽しくて暖かくなるロイヤル・ファミリー。いいなあこの王室を戴く国民は。そう思える。
相手役となる女性たちも、なかなか個性的で良かった。第2王子だけちょっと端折られていたのが残念。
敵国の三人、特にリリー王女は凄いですね、大迫力で場面をかっさらっていきました。黒い役はこの3人で担ってました。
みんなに出番と見せ場が自然に用意されていて、若手さんをたくさん覚えることができました。
とにかく笑って楽しくて、幸せな気分で帰路につけるのが嬉しかったです。

201904雪PR.jpg

Bow Happy Romance
『PR×PRince』
作・演出/町田 菜花


少女漫画と言っておきながらナンですが、ほんとハーレクイン・ロマンスだよね、これ。ヨーロッパの小国で、財政難で、王子が嫁取り、平民と純愛で結ばれる・・・というよくあるパターン。またこういうのはシリーズで3兄弟ものとかも多い。兄弟一人一人が主役で3巻セット。1巻は三男ヴァルテリからですね。で2巻が長男ヴィクトル、3巻が次男ヴァレンティン。ほんわかハートウォーミングでコミカルだから、さちみりほ先生に漫画化してほしいわ。絶対にはまる!!
今回見ていて確信したこの定番パターン、町田先生もハーレクインロマンスの読者に違いない。(今回は1~2巻の内容ってことね)

ハーレクインロマンス王道の王子と平民のアメリカ人財閥令嬢の純愛から結婚、それだけで1本できるのにさらには「王国にはびこる風土病の正体を突き止め、解読する&自然保護」といった第2テーマ(小池先生が好きそう)、そしてスピンオフになる「隣国との過去の確執の溶解」と3つのテーマが入っている盛りだくさん。本編1~2巻を2時間で上演とはなかなかの詰め込み具合。この辺りはデビュー作っぽいですよね(笑)
でもこの作風好きですよ~ハーレクインロマンスの世界、宝塚に向いているものが多いですから。(個人的にはハーレクイン・コミックスよりハーモニィ・コミっクスのほうが好き。ヒストリカル・シリーズが良いですね~)


<ぺキエノ王国>
ヴィクトル/永久輝 せあ
第1王子。ケンブリッジ(だっけ?)を卒業した優秀な生物学者(だっけ?)で、メガネで弱気なおどおど男子…かと思えば、メガネを外したら人格変わって超イケメンプレイボーイに大変身。幼少時のテキトーな催眠術の所為で分離してしまったが、どっちもヴィクトルらしい。「メガネを取ったら美少女」という少女漫画そのもので、さらにパワーアップされている・・素晴らしいこの設定。まあ最後は両方を受け入れて愛してくれる女性(エル)により人格統合が上手くいき、ハッピーエンドなのですが。いや~永久輝さん、芝居上手いわ~メガネ一つでコロコロ変わって。もう笑けて仕方なかったわ。あの変化。メガネかけただけで、姿勢や表情が変わってダサダサ男になり、メガネがないだけで素晴らしい姿勢の良い自信満々のイケメン青年になるんだ。体格まで良くなったように見えるからすごいね。永久輝さんがこんなにできる人とは思ってなかったので反省した。
ダンスはもともと素晴らしいのですが、歌も思っていたよりずっと良かったです。あの白い軍服(王子様の正装)があれほど似合うとは!あの輝く佇まい、堂々した貫禄、この人は真ん中に立つスターだ!と思いました。

エル/潤 花
第1王子の恋人。王子の研究仲間で憧れの人。どちらもシャイで、このままでは全然発展しそうになかったが・・・ってとこ。性格が可愛らしくお顔も美人で品があり、登場時点からお嬢様で、全く白衣が似合わない。「これはアメリカの財閥令嬢に違いない」と、ハーレクインロマンスの読者である私は思っていた(良くあるパターンだから)。おどおど男子にもイケメン王子にもお似合いです。
美人で見た目が凄く可愛らしくてよかったのですが、なんだか声が高すぎて、私は上手くセリフ聞き取れなくて(モスキート音か:笑)。歌は時々声がひっくり返るような気がして、もう少し頑張って~可愛いから!と思いました。


ヴァレンティン/綾 凰華
第2王子。ナルシストのエゴイスト?でも初恋の人にずっと固執しているのは純粋なのかなんなのか。その初恋の女性、話を聞いていくと、「彼の幼少時に既に嫁に行くほど大人の女性」って、おませさんにもほどがある。どれほど素晴らしい女性だったのだろうかダイアナ嬢は。美人みたいだけどね。泥棒のダイアナ嬢と、秘書のダイアナ嬢。どちらも「運命の人」と叫んでいますが、顔と名前が一致したらそれでいいのか君は!と弟と一緒に突っ込みたい(笑)
→2回目見たら、秘書のダイアナ嬢には「本物!」と叫んでいたので、初恋の人なのか?それにしては若いし、最初に「彼女はお金持ちと結婚した」とか言ってるのに大富豪の秘書して働いているとか、あれれ???と思うところが。いっそエル父の後妻でよかったのでは?(失恋確定だけど)。
大変に軽やかなプレイボーイで、これまたハーレクイン・ロマンスでは定番の第2王子(または妾腹の兄王子だったりするケースが多い)。今回は時間が足りなくて、ヴァレンティンのエピソードが端折られてしまった印象。あと15分あれば・・・と残念だ。
綾さんはスタイル良くてかっこよくて、王子の衣装もお似合い。なんとなく見得の切り方というかバーンとアピールするところが夢乃さんを思い出してしまうわあ(星組っぽいのか?)。歌もお芝居もとても良かったです。


ダイアナ/星南 のぞみ
第2王子の初恋の人‥の関係者?泥棒ダイアナも秘書ダイアナも星南さんだったので、私にもよくわからん。ヴァレンティンが主役の第2巻なら初恋のダイアナは二人の母で、二人は双子の姉妹かなんか。確執があって分かれている・・とか?ヴァレンティンは結局、泥棒のほうのダイアナとカップルになりそう。この場合、泥棒は不当に奪われた財産(宝石)を取り返すなどの正当な理由ありね(笑)
端折られたせいで、一番割を食ったのはダイアナかもしれない。出番が少なくて残念でした。
→2回目見たら、本物の初恋ダイアナが秘書ダイアナで、本物とヴァレンティン王子でカップリング♪らしいけど、既婚のおばさんのはずよね?。だから星南さんもフィナーレでは若い泥棒ダイアナ嬢の格好で出ていらしたと思う。やっぱりヴァレンティンカップルは端折られている。星南さんの役作りが一番大変そう。だって脚本に放置されてるんもん!美人の訳あり泥棒ダイアナとカップルでいいやんね。


ヴァルテリ/彩海 せら
第3王子で、末っ子のわりにいろいろ気の利く心配りの王子様。奥手の長兄とお調子ものの次兄を見て育ったためか、大変気配り上手。でもって、ちゃっかり大学時代に恋人がいて、それも身分に相応しい隣国の王女。親も安心ですね!(あの親は子供のことはあまり心配してそうにないが)。
ヴァルテリのことはきちんとエピソードが入っていて、彼と恋人マリーの恋の状況とその障害がきちんと分かった。そしてあっさりとリリーの罠にはまって契約書にサイン‥とそこから始まる復讐譚に巻き込まれ、とお話を進行させる重要な役回り。ちゃんとした役(子役以外)を初めて見たけれど、お芝居も良いですね。もちろんイケメンですし。この3兄弟良いなあ。

マリー/彩 みちる
第3王子の恋人で、グランデ国の末の王女(リリー王女の妹)。姉とはどれだけ年齢が離れてるの?親子ほど違いそうだ。虫愛づる姫君ですね。うきうきと楽しそうに虫とお話している。ヴァルテリ君は虫が苦手そうだけど、嫌悪せずに彼女に合わせている。愛だな。ま、彼女は気づいてないっぽいけど。エルさんは虫好きみたいだし、結婚したら長兄の妃と三男の妃は仲良くしそうだ。
無邪気に可愛らしい浮世離れしたお姫様で、気配りのヴァルテリとは良いカップルかもしれない。彩さんのお姫様、可愛かったわ。


アンセルム王/奏乃 はると
ものすごくのほほんとした温厚な王様。でも長男が中身そっくりで笑える。王様の愛するコレクションがなんかアフリカの民芸品のようでしたが、サザビーズでなくメルカリで売られるということは、そういうレベルの品・・?あまりお金がかかってそうにない趣味のようだ(王妃様のほうが絶対に金のかかる趣味だから、浪費は王妃?)。妻を熱愛し、息子たちを愛し、国民を愛し、よい王様に見える。おっとりしすぎて財政危機なのだろうか。それに兄がいたようなので、もともとは王様になる運命じゃなかったから、帝王教育されてないの?といろいろ邪推した。
実はラストのリリーの独白で、「え!まさか王様が・・・?」と疑ってしまいました。あんなにのほほんとしていて王妃と熱愛なのに、まさか過去に悲恋が?!実は王様が元凶!??と。でも違った。そうだよね~のほほんだもん!と一安心、疑ってごめんなさい。
奏乃さん、組長就任おめでとうございます!王様役だと思ってましたが、優しく皆を包み込むような王様がぴったりでした。

ベアトリス王妃/舞咲 りん
のほほんと趣味を楽しむ王妃様。ヅカファン・・?の用語がかなり出てきて、ディープなファンぶり。遠征してお茶会に出ていたのを止めたら、そりゃ服の1着や2着買えますよね。と見ているファンの多くは思ったに違いない。私も計算したらそのくらいになる。怖いから計算しないのよ。財政危機の要因の一つは王妃の趣味にありそうだ。
息子がアイドルみたいに人気が出たことを単純に喜んでいるし、お気楽に楽しいお母さまだ。きっとどこかのお姫様だったんだろう。今回はおっとりと優しいお母さまで、夫である王様とはラブラブ。あのカルロッタ様と同じ役者とは思えない。口調からして別人、さすがの演技力ですわあ。


アリーチェ/早花 まこ
ヴィクトルの乳母。王妃様と組んで妖しい術をヴィクトル様にかけるのを看過してしまう。ヴィクトルは生まれつきの女殺しの目を持っていたのかね?母と乳母は平気だったみたいけど。アリーチェは頼りになる乳母で、王妃の良き相談相手に見えました。

カスパル/叶 ゆうり ダミアン/ゆめ 真音 エリアス/一禾 あお
ぺキエノの臣下たち。高齢の大臣から王子と同世代の若者の侍従まで。3人がトリオとして出てきて、ぺキエノの現状を解説してくれました。エリアスの若者言葉が凄すぎ。またあの王子に対する遠慮のなさが現代っ子。いいわ~エリアス目立ってました。


<グランデ国>
リリー /愛 すみれ
王女だけど政治の実権を握る独裁者。父王はどうしたんだろう?と疑問だけど、リリーが権力を握っているということで、話が進む。私怨からぺキエノに対して嫌がらせしてるし、陰謀している。彼女の淡い純粋な恋心がすべての発端。一途な人だ。でも誤解がとけたので、国を捨てて愛する人のもとに行くのかな?スピンオフの4巻目は、リリー主役ですね。
最初から最後まで、すごい迫力。もともと歌は絶品ですが、この存在感。高笑いが似合うことといったらもう!嬉しい驚きです。今後この路線で活躍してくださることを期待してます。


ローズ/笙乃 茅桜
王女の側近。大変有能な秘書ですが、イケメンには弱そう。3王子の写真を待ち受けにしてそうだ。でもそこは流されずに王女に忠誠を誓い、有能に行動してました。傍にいる2人のうち、ギャレットはあまり実働してないので、ローズが有能なのだろうなあ~と思いました。


ギャレット/煌羽 レオ
王女のペット?と説明があったが、一言も口を利かない。でも常に王女の傍にいてかっこつけてる。王女の心の支えみたいだから、ペットで合っているかもしれない。王女の愛する猫みたいな位置づけか。最初は煌羽さんだし、なにかたくらんでそうなイイ男なので、何かするのか?と思っていたら、何もしなかった。これも大きな伏線(ブラフ?)だったのだろうか。こんなかわいい純愛な煌羽さんははじめてみた。でっかい黒猫みたいで愛おしい。


<その他>
エドワード/鳳華 はるな
エルのお父様。製薬会社の社長。お父様はほんの1場面の出番でしたが、結構インパクトがあって、素敵なパパ。これもハーレクイン定番なので、絶対出番が必要ですよね!



ハッピーで笑って楽しかった。谷先生な笑いが多かったけど(三人寄れば文殊の知恵とか。どこの国やねん!)、はまっていたので笑えた。
プログラムを見たら、町田先生は平成元年生まれだって。若いわ。「平成」の年号発表は、大学生の頃に食堂でお昼のカツオのたたき定食食べながら聞いたなあって思い出してたのに。そのあと生まれたの~って感じです。内容も若さ溢れてました。(谷先生張りのギャグが詰まってたけど、その臭いギャグが何となく若いのよ~)


今回の雪組、両方とも笑って楽しくて、嬉しかったです。



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 2

hanihani

長男はオックスフォード大学を出た科学者なのだよ。
生物学はちるちるです。

あと、愛すみれおねーさまとちるちるは16歳違うそうです。
3人の息子は上二人はママに似ていて、末の息子がパパに似ているそうでして、下の息子との記念写真を飾っていたそうなりよ。
それ、欲しい!(下の息子ファン)

エルちゃんは芝居の声が弱いからセリフがよく聞こえないよね。
腹筋をきちんと使って発声できてないからかと。
咲奈の嫁候補だから頑張れ!
by hanihani (2019-04-16 01:53) 

えりあ

ヴィクトル王子はオックスフォード出の化学者なのですね!。。微妙に違って覚えていた(笑)
3兄弟の長男、恋人に対する態度はパパ似でしたよね~しっかり者の末っ子が真の父親似なのですね。なんか末っ子、グランデ国の王様になりそう。。。私は家族写真も欲しいです!ぺキエノの一番売れ筋の土産物だと思う。
そのグランデ国の姉妹、16歳差ですか。無理したら親子?の年齢ですね。こちらの姉妹もなかなかの個性派でしたわ。
エルさんのセリフ~早口で高い声だから私の耳につらかったの。ヒロイン続くなら、もうちょっと聞き取りたい・・!

by えりあ (2019-04-16 22:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント