So-net無料ブログ作成

OSK「春のおどり」2019 新橋演舞場 [観劇感想(OSK)]

OSK「春のおどり」2019
2019年3月29日(金)新橋演舞場 1階3列通路

桐生さんのお披露目公演、今回は珍しく東京先行。見てきました。
(ブログに書くのが今頃で大変遅く、申し訳ありません、雪組の「20世紀号」と一緒に見に行ったんですよね~)
去年よりいろいろな人に見せ場があり、楽しい。

日本物は山村友五郎さんらしい楽しい演出、もう少しストーリー性があればもっと嬉しい。
物語があったのは、華月さん愛瀬さんの場面かな。面白かった。
私の趣味から言えば、雅やかな場面(楊さん貴公子、桐生さん鬼)にもっと時間欲しかった。
物語完結してないので、完結させて。祭り場面削っていいから!と思った.

洋物は、平澤先生らしい振り付けの場面があって、すごくカッコイイ。黒衣装に萌える。
ダンスの振り付けが凄いレベルで、観ているだけなのに息ができない。久しぶり!
楊さんが堂々たるスターっぷりで、惚れ惚れする。
場面の芯をとったのは、桐生さんのほかは楊さん、そして若手枠で翼さん。
椿さんや壱矢さんも上手いのに、もっと若手にもソロ欲しかったな。
ラインダンスの新人8人は一人ずつ名前紹介付きで登場!手厚い。

桐生さん楊さんが目立っていて、逆に言えば娘役さんはそれほど見せ場なく感じた。
舞美さんは楊さんと、桐生さんとは城月さんと組んでいることが多くて、お似合いです。
ついでに、翼さんと千咲さんもお似合いなので、その組み合わせを堪能できる構成でよかった。

あっという間の2時間で、見ごたえありました。一度2階か3階から見てみたい。

201903春の踊り.jpg

「春のおどり」2019

第1部
「春爛漫桐生祝祭」
作演出振り付 山村友五郎

ストーリーがありそうでない。物語が見えるような場面がいくつかあったのだけど、シラミの場面以外は完結していなくて、「これで終わり?」と思った。特に平安朝の場面はもう少し決着つくまで時間をとってほしかったなあ。

ここからは記憶の限り。(大阪に帰ってすぐ書いた部分と、今松竹座を見に行く前に書いている部分が混在。やっぱりすぐに書かないと忘れるよね~反省)


華やか。チョンパで「春の踊り~は~」の幕開きは大好き。豪華だ。衣装も素敵。第1部全体に言えるけど、娘役さんで誰がトップか分かりにくい。楊さんがトップ娘役の位置にいるような・・・桐生さんと楊さんが並び立っていて、娘役さんが下がった位置にいる。男役もこの2人だけが突出している。そして体格の差と雰囲気、立ち位置で、「雄々しく大きな桐生さんと、美しく優雅な楊さん」という男役同士トップコンビというやや倒錯的な世界が展開していたように感じた。まあ綺麗だし似合うからいいけど。

全体的に歌が少ない印象。もっと若い人にも歌の場面を(ワンフレーズずつでも)あげて欲しかったなあ。壱矢さんや椿さんは上手いのに。翼さんはもう立派な若手筆頭の次世代期待の星、栞さんがカッコよさ倍増、愛瀬さんの安定感、華月さんのはんなりした落ち着き。虹掛さんは「新選組」で沖田の印象が強くて、なんか可愛いと感じてしまう私。
若手さんでは、京我さんは学年が上がり男役らしさが増してきたように思った。最下級の瀧登君もなかなか男らしくていいね。男役さんは割と目について最下級生まで見ていたけど、娘役さんの印象が薄くて。舞美さんですらあまりここ!という見せ場を記憶してない(私が男役好きってことか?いや違うと思うのだけど・・娘役で一番印象に残ったのが、乞食役の穂香さんって・・)、白藤さんの芸者の姐さんが貫禄があったなあってくらいかな。次見るときは娘役さんも記憶したい。

コミカルなシラミの場面。乞食親子(緋波さん親父と穂香さん娘)が客席から登場。お客さんからお菓子をもらう穂香ちゃん、背中を掻いてもらう父。衣装だからぼろぼろに見えても埃だらけに見えていた。そんなはずはないのだが(近くで見るとちゃんと綺麗)、ほんっとに汚くてシラミが移りそうに見えるのが凄い。穂香さんは客席いじりも上手いですね!
本舞台では、華月若旦那様のお座敷が展開している。太鼓持ちの愛瀬さんと、白藤さんとはじめとする芸者衆。芸者の最下級に凜華さんがいた。で、やんやと楽しく賑わい中。華月さんの若旦那ってぴったり!!愛瀬さんの幇間がいい味出していて、上手いわあ。で、若旦那、ちょっと外に出て乞食親子に出会いいたずらを思いつき、シラミで大騒ぎ。このシラミ騒動、愛瀬さんと芸者衆の「かゆい~」芝居もすごくリアリティがあって!全員台詞がないのだけど、本当に何を考えどんな状況で何が起きているか、すごくよく分かった。華月さんのお芝居すごく素敵、退屈してそうな若旦那が素晴らしかったです。

次に記憶にあるのが崇徳院みたいな話。すごく印象的でストーリー性が高かったのに、シラミと違い中途半端に終わった印象。クライマックスまできて結末無し?って感じた。
楊さんが平安貴族で若い貴族たちと蹴鞠とかしていた。すごくカッコイイ平安貴族姿。美しいわあ。楊さん主役で平安物も見たくなった。で、なんかがあって?、桐生さんは怨霊となって雷鳴とともに登場する。すごい迫力でした。桐生さんはトップになっても鬼・怨霊なのね・・・ものすごく他の追随を許さぬほど似合うけど。ここのキャスティングも素敵だったから、もう少しストーリー仕立てにしてかったの。

おわら風の盆の場面。みんな傘をかぶっていて、顔が全然見えない。桐生さんがラストを締めていたのだけは分かった。なんだかしんみりした場面だのう。

お祭り場面。若手さんが大活躍。ここで若手男役をいろいろ見ていた。京我さんが分かりやすいし目立っていた。真ん中のほうに来ていたからかしらん。

そのままフィナーレ。あまり記憶に残ってない。数年前の「桜のボレロ」みたいな衝撃的なフィナーレが見たいわ。ああ私の記憶力が(泣)



第2部
STORM of APPLAUSE  
作演出振付 平澤智

平澤先生らしい難易度の高い振付の場面が何か所かあり、大満足。特に、黒い衣装で少数うでガンガン踊りまくる場面!すごおくカッコよかった。センターが楊さんから始まって、桐生さんになるの。数人だけど入れ替わり制という感じで、結構な大人数が出ている。次の場面との関係なのか、入れ替わり、総踊りではない。

場面場面がステキ!とワクワク楽しかった。難点は、つなぎ方。結構ブツ切れ感が漂い、場面転換が暗転ばかりだった印象。もっと流れるように場面が変わったら素敵度が倍増したと思う。場面は素敵なのだもの。

2部でも、トップ娘役はいなかったような・・桐生さんの相手はおもに城月さん?という感じで組んで踊っていたような気がする。舞美さんは楊さんと、千咲さんは翼さんと。白藤さんが愛瀬さん。それぞれにあっているカップルなので私はとても良いと思うのだが、序列と合致してないので(そりゃそうだわな)、衣装が・・娘役みんな同じ感じ。トップ娘役は豪華!というのがなかった。それもこれも、桐生さんに一番似合う娘役の城月さんの序列が低いからなのでしょうね。序列にこだわらず、似合うカップルにして欲しいし、トップと組む娘役には(序列にこだわらず)豪華な衣装にしてあげて欲しい。そんだけ。

ラストのデュエットダンスも、桐生さんは一人とは組まず、序列順に順番に5人くらいと組んで踊っていた。ラストは舞美さん。まあこういう形もいいかな。いっそ、楊さんと組んで踊ってみて欲しい。男役二人で迫力あって似合いそう。なんたって桐生さんは「唯一無二」なんだから、男役が相手役でも全然問題ないさ。それがデュエットダンスであっても。・・・なんてことを思ってしまった。

ラインダンス前に翼さんが若手を率いて歌い踊り(これが本当にすごい。あれだけ踊りながらあれだけ歌えるのか!)、その後、新人さんを一人ずつ紹介する。名前だけではなく紹介コメント付きで一人ずつ登場!こんな手厚いの初めて。
それからその他の人々が出てきて、大ラインダンス。振り付けは普通によくある感じだけど、可愛かった。OSKならもっと高度なものもできると思うけど、新人が入っているから難しいのかな。

フィナーレもなんか変則だったような気がする・・が覚えてない。
桐生さんに大羽根がなかったのは覚えている。OSKだし別にどちらでもいい。最後にピンクパラソルを回していたから、OSKだ。それでいい。



ああ、記憶が~(無)。今日から松竹座公演も始まってのでまた見てきます。今日は月組を見ていたので松竹座初日は見られなかった。新橋演舞場を見てから、月組2回みて、クールジャパン大阪の新選組も見た。だから記憶が混乱している私。すぐに書きましょう!とまた反省しました。
松竹座見てからまた書きますね~

とりあえず。「春のおどり」は、去年より今年のほうがずっと好き。楊さんかっこいい~スター度益々向上中!栞さん素敵~翼さん歌すげ~、桐生さん迫力!!!という感想。いろいろな人に場面があって嬉しい。願わくばもっと若手の活用を。そしてトップと組む娘役さんは衣装を豪華に。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント