So-net無料ブログ作成
観劇感想(OSK) ブログトップ
前の10件 | -

OSK角座「DANCING STAR」朔矢しゅう主演 [観劇感想(OSK)]

OSK角座「DANCING STAR」朔矢しゅう主演
2019年5月9日(木)17時 心斎橋角座


角座の若手公演を見に行きました。技術レベルは高くて、歌えて踊れて見せられる。さすが角座とはいえ、座長を務めてきた人が2人もいると違う。
でも衣装が全然好みじゃなかった。若さはじける!ポッポでカラフル!というカラーを前面に出した演出も好みじゃなくて。最後の最後、ラストの黒燕尾とドレスの端正な場面はとても美しく堪能できた。これが撮影タイムなら嬉しかった。
私が思う出演者の持ち味と、演出の狙いが一致しなかったので私好みじゃなかったということです。
メンバーは主演の朔矢さんをはじめW主演のような登堂さんも、長身でかっこいい。
雪妃さんは歌上手くて、渚さんも有絢さんも可愛くてとても良かったと思います。
このメンバーなら、私は端正なクラシカルなショーが見たいわ~

201905角座さくや.jpg


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSK「春のおどり」2019松竹座 [観劇感想(OSK)]

OSK「春のおどり」2019松竹座
2019年4月14日(日)15時 松竹座 1階8列センター
2019年4月19日(金)15時 松竹座 1階8列センター

松竹座の公演を見てきました。やっぱり今年の「春のおどり」は好みだ。
音楽もいい、メリハリがある、群舞がOSKだ、ショーの主題歌が覚えやすくてノリが良い。
日舞のほうは、もう少しストーリーがあるほうが好きだけど、友五郎氏の演出は華やかで良い。
洋舞のほうはダンスが激しくて、これぞOSK!でかなり見ごたえがある。群舞が多いから、上から見ると素晴らしいだろうなあ。群舞なのに、個々に振付がついていて、それが重なって素晴らしく美しい場面も多くて、全員が一糸乱れぬ振り付けも感動するけど、こういう細かな(超複雑な)振り付けもまた味わいが深い。真っ黒ロングコート衣装の場面なんて、息が止まるほど見惚れる。こういうのが見れて嬉しい。
今回の「春のおどり」は桜の季節に、何度も見たくなる内容で、本当に幸せ。

あと一言。楊さんがすごくカッコよかった。この1~2年の成長は驚くほどで、ほんといい男役になられましたねえ。翼さんも2年ぶりの松竹座、なんか一回りも二回りも大きくなって帰ってきた鮭みたいだ。


201903春の踊り.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSK「春のおどり」2019 新橋演舞場 [観劇感想(OSK)]

OSK「春のおどり」2019
2019年3月29日(金)新橋演舞場 1階3列通路

桐生さんのお披露目公演、今回は珍しく東京先行。見てきました。
(ブログに書くのが今頃で大変遅く、申し訳ありません、雪組の「20世紀号」と一緒に見に行ったんですよね~)
去年よりいろいろな人に見せ場があり、楽しい。

日本物は山村友五郎さんらしい楽しい演出、もう少しストーリー性があればもっと嬉しい。
物語があったのは、華月さん愛瀬さんの場面かな。面白かった。
私の趣味から言えば、雅やかな場面(楊さん貴公子、桐生さん鬼)にもっと時間欲しかった。
物語完結してないので、完結させて。祭り場面削っていいから!と思った.

洋物は、平澤先生らしい振り付けの場面があって、すごくカッコイイ。黒衣装に萌える。
ダンスの振り付けが凄いレベルで、観ているだけなのに息ができない。久しぶり!
楊さんが堂々たるスターっぷりで、惚れ惚れする。
場面の芯をとったのは、桐生さんのほかは楊さん、そして若手枠で翼さん。
椿さんや壱矢さんも上手いのに、もっと若手にもソロ欲しかったな。
ラインダンスの新人8人は一人ずつ名前紹介付きで登場!手厚い。

桐生さん楊さんが目立っていて、逆に言えば娘役さんはそれほど見せ場なく感じた。
舞美さんは楊さんと、桐生さんとは城月さんと組んでいることが多くて、お似合いです。
ついでに、翼さんと千咲さんもお似合いなので、その組み合わせを堪能できる構成でよかった。

あっという間の2時間で、見ごたえありました。一度2階か3階から見てみたい。

201903春の踊り.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSK「新撰組~コンチェルト狂協曲」 [観劇感想(OSK)]

OSK「新撰組~コンチェルト狂協曲」
2019年3月9日(土)12時 近鉄アート館  段上がり下手

OSKの新撰組を見てきました。
まだ書いてないけど、少し前にBSPの「新撰組」も見てブルーレイも全部買った。
次の雪組も新選組だし、最近新撰組についていろいろ調べていたから、ちょびっと詳しい私。
OSKはどこに焦点当てるのかな~とわくわくしていた。
ポスター裏面が洋装の土方さんなので(超カッコいい!)、函館までやるなら最後までか、長いな。どのエピソードを入れるのかな~と思っていたら、結構王道だった。
あの少人数でよく群像劇を描いたなあと驚きました。よくまとまっていて楽しめました。

土方さんは言葉が悪くて関東の田舎者出身、武士ですらない。でも誰よりも武士であろうと矜持を持ち誇り高く生きた男でした。かっこいい男の生き様を見た。あまり語らない彼の心情がメインで、彼から見た近藤さんと沖田さん、そして山南さん。梅若を通してみる自分自身の姿。最後の五稜郭まで。凄まじい男の生きざまと武士の誇りを見せてくれました。
それを語って聞かせてくれるのが、生き残る永倉さんと志士の怨霊。この二人がストーリーテラーとして端折ったところを案内してくれるから、迷わなかった。志士側の人物は登場しないけれど、心情は怨霊がきちんと語ってくれた。二人とも上手いわ。

たった13名という少ない人数で、新撰組の世界を描いていた。今回の作品は結構好き。
 

201903新選組表.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

OSK角座「片翼の碧~Precious Stones~」登堂結斗主演 [観劇感想(OSK)]

OSK「片翼の碧」登堂結斗 主演
2019年3月2日(土)角座14:30

新しくなった角座です。今回は、登堂さんの初主演!期待にたがわずかっこよかった。
カフェで初ミュージカルを主演した天輝さんと同期の登堂さんも、ストーリー性のあるカフェでした。
小さい箱でもストーリー性のあるミュージカルっぽいものはできるのですね。

ストーリーは天界と地上の2か所で展開、5人全員に通し役があり、結構しっかりした筋。
台詞は少なく、表情や動きでほとんどを表現されていました。歌すら多くないイメージ。
それでもストーリーや心情がわかる登堂さんは芝居の人だなあと感動。歌もよいので(声も綺麗)もっと聞きたいと思う。雪妃さんの歌声も綺麗、羽那さんのダンスが絶品。朔矢さんもダンスが目を引くし、最下級生の知颯さんもしっかり男役で今後に期待大。

結構満足しました。機会があればもう一回くらい見たいなあ。

201903登堂カフェ.jpg



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSK「円卓の騎士」初日 [観劇感想(OSK)]

OSK「円卓の騎士」初日と2日目
2018年12月21日(金)近鉄アート館 14:30 平土間下手  
2018年12月22日(土)近鉄アート館 16:00 段上下手 


久々の荻田先生のストーリーもの。楽しみにしていました。
期待通り!すごい作品だ。

歌が多い!登場人物が少ないのはOSKだからいつも通りだけど、
みんなセリフを歌ってる。エリザベート形式で、歌がまた難しい!
すごい難曲を歌いまくっている。楊さんが難曲を歌ってる!
みんなビジュアルが美しい。楊さんまた新たな魅力だ、かっこいい。

テーマが深い。
1幕は説明が多くて、少々睡魔に襲われる場面もあったけど、
2幕になると急展開。1幕の伏線がバシバシ回収されていく。
テーマが明らかになるのだが、これはドルイドというか多神教というか、
剣と魔法の時代の物語だけど、冒険活劇ヒーローものではなく、
時代の移り変わりの時期に必死に生きた一人の青年の自己探求モノ。
正塚先生の永遠のテーマを荻田先生風に描いたような印象でした。
もちろん周りの人々もそれぞれ信念に基づいて生きていて、
それが交錯しながら物語が進んでいき収斂する。テーマは一つじゃない。
さすが荻田作品。2回見ると味わいが深い。

201812円卓の騎士 表.jpg


ネタバレ(と私が思っているもの)を書いています。


続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSKレビューカフェ翼和希「MOMENT」 [観劇感想(OSK)]

OSKレビューカフェ翼和希「MOMENT」
2018年11月7日(水)セントラファエロ教会 17時


三日連続の観劇で遊んでいると思われそうですが、
ディナーショーとディナー無しショーのカフェなので、時間が短い。
だからそんなに遊んでない!ちょっと早く仕事終わっただけ・・・と思ってます。

今日は翼さんのカフェを見に行きました。
翼さんにハズレ無し!と常々思ってたんですが、まあ今回も当たりとはいえる。
併演の楊さんカフェのレベルが高すぎるから、満足度が通常より厳しくなってるようだ。

翼さんの歌は素晴らしい。唯城さんはヒロインタイプの娘役で見ているだけで目の保養。
で、その他の3名とのレベルの差が歴然すぎて、ちょっとジェットコースター。
もともと若手育成の場であるカフェなので(多分)、これが普通なのだと思う。
楊さんチームがやたらとレベルが高いので(メンバー見たら歴然だよね~)
ちょっとハードル上げてしまったかもしれない。
こう考えると、一人でレベルを上げている翼さんは凄い。
余計に他との差が目立つけど、ハイレベルの歌とダンスは堪能したい。

OSKも若い人がいっぱいなので、どんどん出番作って、頑張ってるところが見たい。
次に見て、成長しているのを見ると楽しいから。(今回は栞さんがそのパターン、長くは楊さんも)
これぞ歌劇の楽しみだよね~♪


201811翼カフェ.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

OSKレビューカフェ楊琳「BRILLIANT MEMORY」 [観劇感想(OSK)]

OSK「BRILLIANT MEMORY」楊琳
2018年11月6日(火)セントラファエロチャペル 14:30、17時

昨日に続き、今日はOSKのレビューカフェに行ってきました。
10月は忙しくて行けなかったので、張り切っていきました♪

たった5人で、この小さなステージいっぱいで踊り倒すダンスコンサート!
すごい迫力で感動的。あの狭い舞台上で5人もいてあんなに踊れるなんて!!!
驚きましたわ。出来るものなんだ・・・すごーい。
そして歌。楊さん、ますます歌が良くなり、帰りにCDを予約したほど。
白藤さんの歌はもともと良かったけど、舞美さんも良くなり、栞さんが素晴らしく成長されて歌えている!こちらにもびっくり。栞さんのダンスが美しい。真麻さんみたい。
柚咲さんのスタイル良くなって可愛さ倍増。歌も歌えてるし。
50分の間に何度も雰囲気が変わる。
大人の聞かせる曲からワイワイみんなで大騒ぎの曲、しっとりデュエットダンス、全員でガンガン踊る曲、ちゃんと景が変わる。主演以外にも、全員に見せ場がある。
これが5千円!ほんと大満足でございました。

201811楊カフェ.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

OSK武生「GERSHWIN NIGHT」 [観劇感想(OSK)]

OSK武生「GERSHWIN NIGHT」
2018年10月21日(土)12時、14時、越前市文化センター大ホール


去年の武生公演がとってもとっても楽しかったので、今年も‥と行ってきました。
うーん。やはり演出が違うと、1本レビューでもなんか違う。
上島先生の演出はあまり好きじゃない。いくつか見てきて、確信した。私と合わない。

桐生さんはさすがのトップ!歌もいいし堂々とセンター張ってる。
でも桐生さんしかいないような構成。
華月さんは?歌えて踊れて芝居できて、頼もしい支えができる人なのに。
城月さんは?妖艶な影あり美女で、哀愁ある歌を自在に歌える歌姫なのに。
桐生さん以外のひとが真ん中にいる場面の印象が残らない。
成長著しい中堅といえる壱弥さん、穂香さん、雅さんは、メイン場面なし。
その他下級生はモブ。せっかく武生なのに~


というわけで、今年の武生レビューは私の好みではなかった。
今年の武生が気に入った方は、読まなでくださいね。


201810たけふ.jpg


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

OSK レビューカフェ朔矢しゅう「Evolution」 [観劇感想(OSK)]

OSK レビューカフェ朔矢しゅう「Evolution」
2018年9月11日(火)14時30分、17時 セントラファエロチャペル御堂筋4F 


この日は一日で両方を見た。まず天輝さん、次に朔矢さん。
朔矢さんのカフェはオーソドックスなタイプのカフェ。
でも若くて若さがはじけていて、これぞカフェの王道、
カフェはこうあるべしという感じがするほど、若手の魅力がいっぱい盛り込まれていた。

このカフェは、朔矢さんと椿さんのダブルトップみたいな感じ。
椿さんが一人でセンターにいる場面が多いし、また貫禄があってね。
朔矢さんと二人がセンターっていう感じ。
椿さんの貫禄で、下級生の頼りなさを感じなかったほど。
何となく、天輝チームがトップコンビ(カップル)をメインに置いたお芝居だったのに対し、
こちらは男Wトップ状態でガンガン踊るショー、という手法で見せてくれた。
いろいろなパターンが見れてすっごく楽しい一日でした。

201809カフェさくや.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 観劇感想(OSK) ブログトップ