So-net無料ブログ作成
観劇感想(宝塚) ブログトップ
前の10件 | -

宝塚星組「鎌足−夢のまほろば、大和し美し−」DC [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組『鎌足−夢のまほろば、大和し美し−』
2019年5月7日(火)14時 梅田芸術劇場ドラマシティ 25列センター


最初にお詫びを。脚本が気に入らない。すごく気に入らない。
破綻しているとかではなく、私の感性に合わないだけですが、許容範囲を超えました。
人物設定が全く共感できない。なので大変な酷評です。(ほぼ生田さんへの苦情です)
だから「すごく良かった!感動した!」という方は読まないでくださいね。

201905星鎌足.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組バウ「PR×PRince」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組バウ「PR×PRince」
2019年4月2日(火)11時 10列上手


雪組の半分を見に行きました。暗くて重厚な作品が続いたから、2つに分かれた二つともが、明るく軽く楽しいコメディ!いいねえ。気分が変わってリフレッシュしたよう(私の感覚)。

楽しい!結構良い脚本やん~デビュー作は思い入れがありすぎて、重い作品になりがちだけど、これは軽い。ほんっと少女漫画みたいなハッピーコメディ。現代要素が入りすぎだから、数年たったら古くなりそうだけど、今はすっごく楽しかった。

永久輝さん、白い王子様の衣装が似合いすぎ!素晴らしくカッコよかった。凛々しい黒髪のイメージがあったけど、金髪も意外に似合う。本当に主役!の王道です。綾さんと彩海さんの王子様達も素敵で、王様王妃様のキャラが楽しくて暖かくなるロイヤル・ファミリー。いいなあこの王室を戴く国民は。そう思える。
相手役となる女性たちも、なかなか個性的で良かった。第2王子だけちょっと端折られていたのが残念。
敵国の三人、特にリリー王女は凄いですね、大迫力で場面をかっさらっていきました。黒い役はこの3人で担ってました。
みんなに出番と見せ場が自然に用意されていて、若手さんをたくさん覚えることができました。
とにかく笑って楽しくて、幸せな気分で帰路につけるのが嬉しかったです。

201904雪PR.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「20世号に乗って」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「20世号に乗って」
2019年3月28日(木)シアターオーブ 18:30 1階23列上手

DVDが出ないだろう作品なので、見に行った。期末なのに。でも行ってよかった、悔いなし!

古いブロードウェイ・ミュージカルらしく、ストーリーはあまりなくて、テンポと歌で楽しませてくれるタイプの演目。いわゆる軽いミュージカルですよね。もともとの主役はリリーなのかなと思う展開で、真彩さんが大活躍。こういう役が実に似合う。パワフルでエネルギッシュで、歌も芝居も絶品。
そしてその熱量にきっちり対応して、さらに温度を上げていくのが望海さんのオスカー。すごい暑いトップコンビ。望海さんも芝居上手くて、楽しい。最近は悲劇ばかり見てきたので、明るく軽いミュージカルがとっても楽しい。もちろん歌も芝居も絶品。コメディ・ミュージカル似合うやん二人とも。

今回は朝美さんと真那さんがずっと寄り添い3個一。2番手娘役が京さん!大活躍ですよね。そして最後にかっさらっていったのが久城さん。みんな芝居上手いわ。

ミュージカルとして歌とダンスを支えたのが、4人のポーター(諏訪、橘、眞ノ宮、星加)。そして車掌の彩凪さん。ダンスナンバーもいっぱいで、衣装も素敵!セットが変わらないし映像もないのに、場面がちゃんと転換して、とても見ごたえがありました。

観終わってとても楽しく軽快な気分です。映像欲しいなあ・・・CDだけでも出ないかなあ。

201904雪20世紀号.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「CASANOVA」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「CASANOVA」
2019年2月9日(土)15時 読売貸切 2階11列上手
2019年2月12日(火)15時 2階12列上手 


花組は最近とっても好き。
明日海さんが円熟期を迎えて、ますます美しい青年に磨きがかかっているように思える。
「CASANOVA」もポスターからゴージャスで、あのポスターだけで千人どころか千万の女を魅了しているのでは?と思える出来。大変期待して見に行きました。B席だったけど・・・(無念にもB席しか当たらなかった)

一本もので筋はまあまあ、単純で分かりやすくて楽しい。
ただ、一幕なんかはちょっと間延び感がある。歌が多くて・・というより一曲が長くて、通常の歌の長さなら1幕で何とか収めることもできそう?と感じた。あとソロが多いのもね。
曲は現代風。いろいろ混じってる。なんでもありというか。
衣装も時代考証よりもゴージャスを優先した感じで、異世界感が漂い、曲もそうなので、「中世風異世界コメディ」なんだなあと思う。映像が綺麗。ファントムほど凝ってないけど、ちょうどいい感じ。

ストーリーはコメディだ。でももっと練れてきたらもっと笑えると思う。楽しく笑えたのはほとんどカサノバとバルビ神父の場面。あとはベアトリーチェとダニエラかな。この4人の馬車の場面はとてもの楽しかった。
コンスタンティーノとゾルチ夫人、ベネラの場面も、いい味出してて笑ったわあ。
笑っていいのか悩んだのがコンデュルメルの場面。シリアスなんだろうか・・笑かそうとしているのか・・2回見ても判断がつかなかった。

少し間延びしてるかなって部分をちと締めて、フィナーレをあと10分長くしてもらったら嬉しい。フィナーレも素敵だったから。私はこの作品好きだな。

201902花カサノバ正.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「CASANOVA」新人公演 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「CASANOVA」新人公演
2019年2月26日(火)18:00 2階7列センター


花組の新人公演を見ることができました。
まだ本公演の感想も書いてませんが(下書きのままだ)忘れないうちに先に新人公演の感想を書きます。

本公演見ていることが前提の大幅カット。途中で「いきなり何!?」という場面やセリフが満載。
それはまあ・・・新人公演見る客は100%本公演見てるよね、という前提があればOKか。
よかったのは、コンデュルメル氏の性格・位置づけがはっきりしたこと。このご夫妻は新人公演のほうが、演出がすっきりして私はこちらのほうが好き。

主演の帆純さんは美しくて千人の女に惚れられるというカサノバ役に説得力があり、ヒロイン華さんは可愛くて、修道院出の好奇心旺盛で元気な世間知らずのお嬢様というのがぴったり。綺麗なカップルで二人とも役にぴったり。すれ違い感と最後の場面がしっくりきた。コンデュルメル夫妻も綺麗なカップルで嬉しい。
あとは教皇様役が上手いなあ~とか、モーツァルト目立つなあとか、総督本公演と一緒?とか。そんな印象でした。
歌は、本公演はさすがにレベル高いんだなあと思いましたが、それでもあのめんどくさそうな曲をちゃんと歌って聞かせてくれたので、満足。何よりこの演目は華やかに麗しいのが一番!
ということで、この新人公演、特にトップコンビと2番手コンビの麗しさに大満足でした。


201902花カサノバ新公.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚宙組DC『群盗-Die Räuber-』 [観劇感想(宝塚)]

宝塚宙組DC「群盗-Die Räuber-」
2019年2月10日(日)シアタードラマシティ 14列センター

骨太で重厚な文学作品、音楽はベートーヴェンでドイツリートも多用され雰囲気が素晴らしい。背景のセットも動かないが、凝っていて美しく、照明でとても雄弁に場面転換していた。
主役の芹香さんは、その重厚な文学作品で、精彩を放ち、主役然としていた。ラストは納得できないが(これはシラーか小柳先生に文句をいうべきだし)、まあ良かった。
弟、ストーリーテラー、群盗メンバー、おじさまがたまで全員に見せ場があり、不要な人物がなく小劇場向けにきっちり作られていたのも好感度大。小柳先生は父子の葛藤を書かせると上手いのだろうか。
観劇していて、太田哲則先生を思い出したわ(今のファンは知らないよね)

あとフィナーレが凄く素敵だった。小柳先生はフィナーレも素敵なので一度ショーを見たいわ。

ポスターすごく素敵ですよね。こういうの大好き。

201902宙群盗.jpg


ネタバレあります。驚きたい方は観劇前に読まないよう注意してください。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「ファントム」東京Bパターン [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「ファントム」東京Bパターン
2019年1月27日(日)11時 1階2列

どうしてもBパターンが見たかった。なので東京へ行きました。

久々に見るファントムは、なんだかより一層若返っていて純粋な子供のように
少年らしさ全開で、その分クリスティーヌに母性を感じるように。泣かされる。
キャリエールの申し訳なさそうな表情にきゅんと泣かされた(諸悪の根源なのに)

朝美シャンドン伯爵は、生き生きと女の子をスカウトしまくり、
彩凪ショレ氏はうきうきと妻の尻に敷かれていた。

歌が素晴らしい。ほんとストーリーはあれなのに、歌の迫力。
望海さんの歌での芝居、少年ぽくなってるから余計に泣かされる。
真彩さんは天使の歌声。ビストロでは肌が粟立つ迫力で私も拍手喝采だ。
銀橋での彩風さんの(己の行動を棚に上げた)慈愛に満ちた愛溢れる歌に泣かされた。
朝美さんの歌も良くって!これBパターンのCD欲しいなあと思った。
ビジュアルはAパターンのほうが好みなのでブルーレイはAパターン。
そんな我がままなことを思うほど(両方買う気満々)、歌が良かったです。
Bパターンを見れて大満足。

201901雪ファントム1幕.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組バウ「アンナ・カレーニナ」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組バウ「アンナ・カレーニナ」
2019年1月13日(日)14:30 16列センター


初演2001年の朝海さん版は見た。当時の記録がないので、うろ覚え。
今回ほとんど新作を見る気分で見ました。

衣装とセットが美しい!初演から変わって幻想的に美しくなってる(と思う)
主役3人が嵌っている。3人ともなんて綺麗なの。
物語そのものは共感しがたく重苦しい話だから、見目麗しくないと!

初演観た時も、カレーニンに一番感情移入して、アンナとヴィロンスキーはひどいわ!
と思った記憶があったけど、今回もやはり物語的にはカレーニンに惚れる。
また月城さんの芝居が良いのだ。不器用だが愛情深い男が素晴らしい。
こんなかっこいい優しい旦那がいてなぜ?となる。
1回目の浮気は許そう、でも2回目は納得できないよーと心から叫びたい。
ハーレクインロマンスなら、ヒーローはカレーニンだ。絶対。
とはいえ、本作はロシアが誇る純文学でありハーレクインロマンスではないし、ヒロインの海乃さんの狂気の入った女が上手くて、どうしようもない感情と行動が納得できた。(なんか狂気に陥る役が続いてますけど)
ヴィロンスキーは自分勝手な美しい若造に見えたので、正解か。
とにかく王道の三角関係恋愛もの、重厚で悲劇なロシア文学を堪能した。

201901月あんな.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星組「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS~星たち~」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS~星たち~」
2019年1月12日(土)15時 1階22列


宝塚ファン歴の長い私ですが、「霧深きエルベのほとり」は今回初めて見ました。
かなり古い作品なのは分かってましたが、上田久美子演出という文字に期待をして。
たんですが、リメイクされてないですね。古いままという印象です。
「古き良き」を生かしたのではなく、「古いまま」。それを一番現代的な紅さんが演じる。
うーん、もう少しセリフも演出も、現代に合うようにリメイクしてほしかったです。
かっこいいのはフロリアンとトビアスとヴェロニカだけやん。

ショーは、観ていて雪組の「ゴールドスパーク」を思い出した。そういえば同じ中村S先生。
今回はJ-POPばかり。すごく多い。疎い私でも知っている曲が多々あり。
宝塚でJ-POPそのままというのはあまり好きじゃないわあ。
衣装によっては、カラオケ大会みたいに感じてしまうの。
宝塚風アレンジを効かせて、「元の曲は・・」といわれて「ああ!」となるくらいにしたのが好きだ。
礼さんは歌を聞かせますね。「おお!いい歌声」と思ってみると全部礼さん。
瀬央さんがカッコよくて印象に残りました~押し出しが強くなった?
スタイルイイ人がいる!と思ってオペラグラスを上げると極美さん。
結果的にショーでは極美さんを追いかけてしまいました。
綺咲さんは愛らしい美人で、声も綺麗だわ。
可愛いイメージだけど、今回のショーみたいに大人っぽいほうが似合うと思いました。
でも全体にキラキラしていて、場面も多彩で、色彩が割と綺麗で、客席降りも多くて楽しかった。


201901星エルベ.jpg

ネタバレあります。マルギット好き!なら要注意。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「メランコリック・ジゴロ/EXCITER2018」全国ツアー [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「メランコリック・ジゴロ/EXCITER2018」
2018年12月13日(木)13時 愛知・刈谷市総合文化センターアイリス 1階4列下手
2018年12月15日(土)14時 梅田芸術劇場メインホール 1階中ほど下手通路


「メランコリック・ジゴロ」も「エキサイター」も好きな作品。どちらも花組・真飛さん時代に通っていたので思い入れがある。「メランコリック」は初演も見てるけど、通っていたのは真飛さんの再演のほう。
それがまた花組である!!というので、絶対見たいと思い頑張った結果、熱い友情のおかげで2回も見ることができました。2回見れてよかった~もっと見たかった。まだまだ粗削りなんだけど熱量が高くて、熱くて若くて勢いがあって、なにもかもが新鮮で、夢中になってしまう舞台でした。

トップを務めた柚香さん、歌が上手くなって!と思いました。ダンスは良いし容姿は綺麗なので、歌がな~とか思ってましたが、私はこのくらいのレベルなら真ん中で大量の歌でも大丈夫!と思うレベルにあと一歩まで迫ってました~(褒めてる)。スーツ姿がかっこいいし、ショーも熱く真ん中で素敵でした。その相手役は水美さんですね。こちらもかっこいい!ダンスは素晴らしいし、歌も普通レベルに聞かせてくれるし。お芝居でもショーでも大活躍。本当にかっこよかった。ヒロインは2名、華優希さんと舞空瞳さん。可愛く娘役らしい守ってあげたいタイプの華さんと、歌にお芝居に既にヒロイン完璧でダンスは一人でキレキレに踊りまくる舞空さん。すごいわ花組。

あとでたっぷり書きますが、全体的に勢いがあって熱くてとっても感動しました。こういうのって宝塚では久しぶりに感じた!好きだわ。

201812花全ツ.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 観劇感想(宝塚) ブログトップ