So-net無料ブログ作成
観劇感想(その他) ブログトップ
前の10件 | -

劇団☆新感線「偽義経冥界歌」大阪 [観劇感想(その他)]

劇団☆新感線「偽義経冥界歌」大阪
2019年3月17日(日)13時フェスティバルホール 3階6列上手


久々の新感線です。「髑髏城の7人」シリーズは東京だけの上演で、上手く都合が合わなくて見れないままだったから、「蒼の乱」以来4年ぶりでしょうか。
今回は「中島かずき」作ということで、期待していました。期待通り!
私の好みのタイプの脚本演出でした。元ネタ有を「どこかに似た架空の国」に移して、それを別の視点で、別の角度で、あらびっくり!という話に仕上げ、なおかつ「そうだったのか~」と思わせる作りで、さらには深い考察まである。大変楽しい。緩急のタイミングも、シリアスとギャグの比率も完璧。いつもながら「さすがの新感線」です。やっぱり好きだわ、中島かずき氏の脚本。

3階端っこと席は良くなかったけど、台詞も明瞭で映像も良く見えたので、満足。
でも近くで見たいから、ゲキ×シネが楽しみ。

201903偽義経B.jpg


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

梅田芸術劇場「マリー・アントワネット」 [観劇感想(その他)]

梅田芸術劇場「マリー・アントワネット」
2019年1月3日(木)梅田芸術劇場 13時 1階19列センター

今年最初の観劇です。
初めて見ましたが、妙に既視感がある。
多分、原因は「ベルサイユのばら」と同じ時間を対象にしていること、「1789」と同じ視点、かな。
この時代は舞台化されることが多いので、もはや何を見ても既視感があるのかもしれない。
もうひとつ、セリフが歌になっているのだけど、ミュージカルじゃないと感じたこと。
これはセリフが歌になっただけのストレートプレイだと感じた、つまりオペラ的なんだ!
(すみません、定義が無茶苦茶かもです。)

物語については、突っ込みどころもあるけど、おおむね納得できる(よく知ってる内容)。
役者については、適材適所?かな。見たことある役者さんが違う役をしているので(アタリマエ)、そこらへんも色々感じるところがあったけど。
音楽は綺麗だったけど盛り上がりがなくて、豪華なセットと衣装と舞台装置を生かせてない感じがして、私はあまり好みじゃなかった。それぞれは良かったんだけど、総合的に相乗効果がないというか、減殺しているような印象。
小池修一郎先生に潤色・演出してほしいなあ~と思ったのでした。

201901マリーアントワネット.png


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

新歌舞伎座「東儀秀樹×古澤巌×coba」 [観劇感想(その他)]

新歌舞伎座「東儀秀樹×古澤巌×coba」
2018年12月25(水)新歌舞伎座 18時 2階6列センター

邦楽と洋楽は合う。演奏する曲の譜面は洋楽のほうが多いと思われるけど、とても素敵だ。
和の音色が素晴らしく引き立ち、洋楽器と溶け合っていく。
メイン3名の後ろにバンドメンバー4名もいたので、大変華やかでした。
素晴らしい曲を堪能。大満足です。
最近異素材ユニットがはやりのようですが(多分)、これぞ日本的な音楽という感じで私はとても好きです。

201812東儀.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

新歌舞伎座「歌舞伎座でオーケストラ!!!第9弾」 [観劇感想(その他)]

新歌舞伎座「歌舞伎座でオーケストラ!!!第9弾」
2018年12月23日(日)新歌舞伎座 15時 1階右

新歌舞伎座では年末になると単発公演がある。
日替わりにいろいろなコンサートが開催されるのだ。
これが結構楽しい。
今年は「新歌舞伎座でオーケストラ」に行きました。
クラシックではなく、ミュージカルとか映画音楽とかよく知った曲ばかり。
映像が浮かぶ。歌詞が浮かぶ。
「忙しい師走にひとときの寛ぎを」というようなコンセプトのようで、
気軽に楽しく、耳慣れた曲を生オーケストラで聴くことができました。
ほんと、ひととき贅沢にくつろいだ気分になりました。

201812新歌舞伎座オケ1.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

井上芳雄By MYSELFスペシャルライブ 11/29 [観劇感想(その他)]

井上芳雄By MYSELFスペシャルライブ
2018年11月29日(木)18:30- 国際フォーラム ホールA 2階15列センター


東京出張中、すぐ近くの国際フォーラムで井上芳雄さんがライブ、ゲストに濱田めぐみさん他。
ということで、チケットをゲット。

10月の時のライブが3時間半と聞いていたので、泊りだし伸びても安心!と思っていたら、4時間近かった。すごい・・・。ライブ中継は22時でアウト、残り30分くらい会場だけのお楽しみアンコールアワー。豪華なアンコールで中継無しとはもったいない。
でも!この4時間弱が、すごく充実した内容で楽しくて盛り上がって、4時間近くオンステージで歌いっぱなしなのに、最後までレベルと落とさない素晴らしい歌声の井上さんに感動。ゲストの歌もトークもとてもレベルが高くて楽しみました。客席参加ダンスも簡単で参加できて楽しかった。行ってよかった、また行きたい。


201811井上芳雄.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

東大寺本坊「花咲く庭園Ⅱ」 [観劇感想(その他)]

東大寺本坊「花咲く庭園Ⅱ」
2018年8月12日(日) 東大寺 本坊 17時 


なら燈花会という催しがある。お盆期間の10日ほど、奈良公園から東大寺、春日大社、興福寺あたりの全域にろうそくを立て燈花を楽しむのだ。お盆行事だけど、市民行事であり宗教行事ではない。東大寺も春日大社も行事に合わせ1日ずつ参加しているけどね。

毎年行っていて、いつもは奈良国立博物館を見て日が落ちたころ外に・・というパターンでしたが、今年はあまり興味をひかれる展示ではなく、探したところ東大寺 本坊音楽の調べ というがあり、12日にバロックのコンサートがあるというので行くことにしました。

お寺でバロック音楽、座席は「座布団席」とある。
蓮の池と若草山を背景にした座敷にチェンバロがどーんとそびえ、客席?には座布団。
大変珍しい環境でのコンサートでした。
中身は、音響がまあ・・でしたが、異空間でソプラノとバス、美しいチェンバロを堪能しました。イタリア語で歌詞は全く分からなかったけれど、解説もつけてくれ2時間、日が暮れるまでイタリア歌曲を楽しみました。

20180東大寺.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

新歌舞伎座「石井竜也2018コンサートツアー 陣」 [観劇感想(その他)]

新歌舞伎座「石井竜也2018コンサートツアー 陣」
2018年8月11日(土)16時30分 2階2列センター


ポスターがかっこよくて見てみたくなりました。
で、近所なので行ってきました。
1幕お芝居、2幕オンステージ。
そこで気付いた。「コンサート」だったのね。
お芝居に期待してはあかんのだ。歌は堪能した。だからいいのだ。
うっかりいつものお芝居&ショーの気分で見に行ったら、全然違った。
芝居や歌劇・ミュージカル好きには、あまりお勧めしない。
これはコンサートなの、だから歌を楽しむものなのだ。
歌はたくさん歌ってくれて、声もいいし衣装もよくて楽しめました。

201808陣.jpg




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

BSP「零式艦上戦闘機」 [観劇感想(その他)]

BSP「零式艦上戦闘機」
2018年7月21日(土)11時 グランフロント大阪ナレッジシアター 


前回「新選組」を見て感動し、次の公演も見に行こう!と心に決めて、
無料メールサービスに登録した。
案内が来たので、次の公演も見に行ってきました。

今回もすごかった。衣装は一種類、セットと装置もなし。小道具すらほとんどない。
使うのは人間の肉体と照明だけ。
それだけで、飛行機(ゼロ戦))の開発から空中戦、艦隊を使った戦争まで表現してくれた。
驚きました!ここまで人間の肉体だけで表現できるんだって。
若い男性だけなのに、小道具も衣装もメイクもなしに、老人を表現。
演技力というより表現力が素晴らしい。
ダンスは変わらず、すごいレベルで踊り倒してました。
DVDも欲しいけど、やっぱり生の舞台が一番、良さを味わえると思う劇団です。


201807BSPzero.png

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

新歌舞伎座「1789~バスチーユの恋人たち」加藤&神田&龍 [観劇感想(その他)]

新歌舞伎座「1789~バスチーユの恋人たち」加藤&神田&龍
2018年6月22日(金)13時 1-右


結局、もう一つのパターンも見たくて、Wキャストの見てないほうを見に行きました。
結果、やはり前回の「好み~」で選んだキャストのほうが好きだったと確認できた。

あと、やはりダンスと歌が素晴らしく、熱く盛り上がれる。気分高揚!
好きだわ~これ。作品の持つ魅力に圧倒される。
キャストは好みの問題で、こちらも素晴らしい。
ああ。うちにある宝塚月組のDVDみたくなりました。
龍さんみたからだな!


201806-1789cast_flyer_thumb.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

クリエ「シークレット・ガーデン」 [観劇感想(その他)]

クリエ「シークレット・ガーデン」
2018年6月15日(金)13時 シアタークリエ 14列

ポスターを見た時から見たかった作品。
原作のバーネット女史の「秘密の花園」が大好き。
幼少時(おそらくBBC制作の)テレビドラマに嵌って、
少女名作文庫の原作を読み、漫画をよみ、感動した。
そのTVドラマのイメージそのままのポスターに惹かれた。

さすがに舞台なので、TVのようにはできず改変されていたけど
メアリーとアーチボルト&リリーがイメージ通りで美しいお話だった。
ネヴィル叔父様とメアリーの両親が、根本変えるほど改変されてたかな。
原作は子供目線だけど、舞台は大人目線だからか。

楽曲も美しかった。ただ幻想的というか、幻影というか。
ワーッと盛り上がる感じではないので、たまに睡魔も来る。インド風は心地よすぎ。

セットが大変美しい。ヒースの荒野や、枯れた庭、秘密の花園に見える。
もちろん閉じれば古いお屋敷、暗い部屋。インド。
少し動かすだけで、空間が変わる。見事ですね。さすが松井るみさん。
衣装も美しかった。リリーの花のドレスが幻想的でイメージ通り。

ストーリー的には結構大事なところが改変されていますが、
原作を知っていたので(矛盾点は無視し)、心温まるラストシーンに感動。

花園201806秘密の.png



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 観劇感想(その他) ブログトップ